All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そういや、今週の始めくらいでしたかね、
どこからやってきたのかよくわかりませんけど、

「お経VCD」とやらが回ってきたんです。

しかも、

2枚も。

okyo


「これ、シンタロウさんにあげるわ。」

ってな感じの、かるーいノリで私に回ってきたんですけど、
「お経」のぎっしり詰まったVCDって言われても、

私も特に興味は無いですよ。

これまた、どなたかが購入した中国かどっかのお土産らしい。

たとえ、興味が無いとはいえ、職場のお姉さま方がくださったものを、
まさか、つき返したりなんかできるもんですか。

突き返したら袋叩きですよ。

「再生してみよう」という心意気だけを
お姉さま方に見せておいてあとは適当に扱おうと思い、
とりあえずCDをPCにつっこんでみました。

しかし、職場のPCでは、どうにもうまくいかない。

シ 「これ、再生できませんよ。なんかおかしいですよ。」

姉 「え、そうなん?再生できひんの?家ので再生してみたら?」

「これ、再生できませんよ。」って言った時点で
諦めて…いや、全ての興味を失って欲しかったんですが、
そうもいかなかった。

なぜか皆、興味津々のご様子だ。

でも、皆、自分で再生しようとはなさらない。

普段の私なら、再生できるまでとことん突き詰めるんですが、
さすがに「お経のVCD」とあっちゃ、
特に頑張ってまで開こうと思いませんでした。

家のDVDに突っ込んで、DVDプレーヤーが壊れてもイヤだし。

でも、よくよく考えてみると、
これって中国のお経のVCDなんですよ?

もしかして、

ネタが詰まってること間違いなしじゃない?

というわけで、
今日はたまたま帰り際にこのVCDの事を思い出したので、
家まで持って帰ってきて鑑賞してみました。

ジムやらなんやら行き終わって、
さて、寝ようと思った11:30頃にこのCDの存在に気付き、
マイPCに突っ込んでみました。

… 自動再生。

… !!!

… … やばい。やばいよコレ…

bozu1


bozu2


鑑賞してたら、笑いが止まらないよ。

なんだよコレ…、危うく職場で捨てるとこだったけど、

爆笑もんぢゃないですか。

何が面白いって、

まず、

中国語で、意味が全くわからない。

んでもって、

登場人物が、大仏か僧侶だ。

しかも、

僧侶一人一人の顔がマジだ。

そして、

発してる音楽はお経だ。

さらに極めつけは、

画像自体がカラオケ対応だ。(字幕付き)

ポイントだけ押さえたが、
見てる間、
不覚にもこの独特の雰囲気に爆笑してしまった。

真面目なCDだからこそ、笑いを堪えることができなかった。

いかんいかん、歌詞の中に

「南無阿弥陀仏」

とか出てくる度に笑いを誘われる。

耐え切れなくなって、ついに5分で停止してしまった。

いつ何時、ネタが目の前に転がり込んでくるかわかったもんじゃない。

見てみたい人は、ぜひ、シンタロウまでご一報を。

多少オーバーに書きましたが、変な空気に笑いを誘われます。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。
スポンサーサイト

映画「スパイダーマン」が公開になった時、
私の脳裏にふと、浮かんだ事があります。

「あれ、実写版のスパイダーマンって、
 だいぶ昔に見たことある気がする…。」

その時脳裏に浮かんだ映像というのは、
スパイダーマンがとにかく高いビルをよじ登るところ。
恐らくこの映像は、5歳か6歳くらいの頃の記憶の断片だ。

当時はスパイダーマンなんて知らなかったはずだけど、
今のスパイダーマンを見た瞬間にその記憶が蘇るということは、
昔に見たスパイダーマンには、強烈なインパクトがあったのだろう。

実写版のスパイダーマンが昔に公開されたことがあるのなら、
まぁ恐らく、それをちらっと見たんだろう。

しかし、

つい最近、「和製スパイダーマン」なるものの
動画をmixiで発見した。


http://www.kornerson.com/media/qplay2.asp?type=yt&m=v/LOHwSnAIVc8
↑クリックしてください。1本丸ごとみれます。


やばい、俺の記憶にある実写版スパイダーマンは、

たぶんこれだ。

安っぽい衣装、ロボットが出てくる設定、

何もかもが笑いを生んでる。

しかも、胸のマークがクモじゃなくて

アリに見える。

最初のテーマ曲の映像だけでもう、笑いが止まりません。

テーマ曲最初のほうに出てくる、
スパイダーマンが白い壁を登るシーン。

確信はありませんが、
恐らく私の記憶の断片は、この画像と一致してる気がします。


20数年目の真実: 
昔見た実写版スパイダーマンの思い出は、バッタもん。


悲しい、悲しすぎるよ。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

kasukari


お店の名前を。

今年は、こんなネタも入れていきます。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。


どうも、毎日毎日、焼酎お湯割りを4杯くらい飲んで
気がつけば立ち上がれなくなってる者です。
シンタロウです、こんばんは。
やっぱり焼酎は「霧島」ですよ、うん。

別に、TSUTAYAの店員が全員そうってわけでもないんですけど、
うちの近くのTSUTAYAの店員、ちょーっとおかしなのが揃ってます。

学生時代にこの店のバイトの面接に行って、
見事落とされたから言うわけじゃないですけど、
ほんと、おかしな人多いと思うんです、はい。

まァ、その時の面接の私の受け答えも結構おかしなもんでしたけど。

TSUTAYA 「なぜ、TSUTAYAでバイトしたいの?」
シ 「えェっと、暇でしょうがないからです。あと、金が欲しいからです。」

TSUTAYA 「何か、質問はありますか?」
シ 「タダで何本まで借りていいんでしょうか、バイトは?」

こんなシンタロウは正直でイイ子だと思うんですけど、受かりませんでした。
学生でバイトするのに、まさかTSUTAYAで俺の夢を実現したいなんて
大それたことを言うやつもいるまいし、
バイト代+何らかのメリットがないとバイトなんかしないわけですよ。
だから、私の受け答えは欲望丸出し、そのまんまでしたよ。

「暇つぶしに金稼ぎたいし、
 しかもビデオやCDがタダで借りれるからココで働きたい。」

学生時代のバイトの目的なんて、そんなもんでいいはずなのに、
落とされてしまった私は、今でも納得がいきません。
普通は受からないだろうね、よく考えると。
でも、しょうもない飾り気味の動機を言うより、ストレートなほうがいいだろうに。

まァ、それは懐かしいセピアン・カラーの思い出として
心の奥底にしまっておいてですね、
今日のTSUTAYAの店員は何か強力なオーラを発してました。
あいつの名前なんだっけかな… 忘れました。
覚えてても公表しませんけど。

今日は、なんと新旧アルバムCDが5本で1000円という
大出血サービス・デーだったので、CDを5本借りてやろうと思ったんです。

普段、あんまり音楽聴かなかったりするので、
どれが今ナウいのか(死語?)分からないけど、
なーんとなく好さ気なのを5本程ピックアップしてみました。

・オレンジレンジ NATURAL
・CHEMISTRY fo(u)r
・サザンオールスターズ  キラーストリート
・BENNIE K  japana-rhythm
・平井堅  歌バカ

良いか悪いか分からんが、無難なところであろう…。
と、微妙に満足げにレジに向かう時、
私の脳裏にふとした疑問が浮上した。

まてよ… アルバム5枚で1000円っていったよな…。
「キラーストリート」と「歌バカ」は、2枚組だ。

2枚組みは1枚としてカウントされるのか?

すんごいところに着眼したように書いてるが、
決して大した疑問でもない。
でも、気になってしょうがなかった。
もしこれらが「2枚」とカウントされたなら、大いなる誤算となる。

そこで、この大きそうでミクロな疑問を店員にぶつけてみた。

シ 「あの、すいません。」
店 「ふぁい?」
シ 「この、2枚組のCDは、『2枚』とカウントされるんでしょうか?」
店 「ふー、ふー、えーっふぉ…」

おおっと、鼻息荒い。大丈夫かコイツ。

店 「えっふぉでふね、お客さん、大変申し訳ないんでふけど・・・」

お…やっぱ2枚としてカウントされるのか…?

店 「お客さんがですね、この2枚ふぉジャケッフォにでふね、
   あの、そのふぉ・・・」

どもってる、どもってるって。

店 「たとえこのCDがでふね、2枚であろうとなかろうとでふね…」

ん…?何が言いたいんだ…?ホントに大丈夫か?

店 「2枚であろうとなかろうふぉですね、1枚としてカウントされるです。」

じゃァ、申し訳なくねェだろ。

むしろ、胸張って言えよ、そこは。

シ 「あ… わかりました。じゃァ、これでいいです。」
店 「あ、はい、わかりまふぃた。
   すいませんがお客さん、もう一回会員カード見せてもらえまふ?

まだ、一度も財布から出してねェよ。

とりあえず、納得いかないながらもカードを提示。

ピピッピッピッ

店 「ぬふァ!!!
シ 「!!!」

なんかあったのかな…?

店 「お客さん…。」
シ 「は…はい…。」
店 「1000円になりまふ。」

いちいちびっくりさせるな。

こいつが受かって俺が落ちる、このTSUTAYAは一体なんなんだろう。
まだまだ、能力が未知数な逸材がゴロゴロいるに違いない。

これからも、このTSUTAYAの観察は欠かさないことにしよう。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

どうも、快速だと思って乗った電車が、
自分の駅を通り過ぎてから新快速である事に気付いた者です。
シンタロウです、こんばんは。
俺は、走り出したら止まらないよ!

さてさて、マクドの老夫婦のネタに対して
多大なる反響がありましたので、
私がこれまで目にしてきた&激写してきた「変な人」たちを
チョコチョコ小出しにしていきたいと思います。

ダイエットだの、アメリカ生活だの、
カテゴリーがどんどん増えてきて更新にかなり困りますけど、
閲覧者様のご希望にお応えしてこそブログであります。

というわけで、私の以前のブログをご覧いただいた方々には
「それ、前も見たって!」って感じのネタとなりますが、
ここでもちょっとずつご紹介していきたいと思います。

えーっと、今回はですね、タイトルにもありますように、
「ボディコンの男」です。

「ボディコンの男?男がボディコン着てるの?」

えェ、そういう疑問も持たれるかと思います。
ボディコンは恐らく80年代後半あたりに流行っていたもの?
かと思われます。記憶が定かでなくてすいません。
でもね、それを女性が着ているなら、

「あァ、いるいる、こういう時代遅れな女がたまにさ。」

ってなるかもしれません。
女性がボディコンを着ていただけでは、さすがに私も
ブログでネタにするようなことはありませんよ。
無いっちゃ無いし、あるっちゃあるわけですから。

でもですね、大阪・梅田は色んな人々が行きかう街。
居たんですよ、「ボディコンを着た男」が。

そう、あれは、いつだったかな。
仕事がいっぱいありまして、いつもより遅く帰路に着いたときでした。
いつものように、東梅田から大阪駅に向かって歩いているときにですね、
ふと、目に入ってしまったんです。
なんでしょう、こういうネタを見つける嗅覚がそなわっているんでしょうか?
柱の影に隠れていて、普段なら気付くはずもなかったんですが、
見つけた瞬間は、感動に打ち震えました。

まァ、ゴチャゴチャ言ってても、信憑性に欠けるので、
一目見ておいて下さい。
心臓の弱い方は、遠慮してください。

では、↓どうぞ。

bodicon


ね、いたでしょ?ボディコンを着た男。

目がうつろで、死んだように柱にもたれかかってました。

わき腹あたりに入ったスリットが、なんか腹立たしかったデス。

こういうのを見つけたら携帯カメラを構えてしまう
己のアホさにも、存分に腹が立ちました。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 シンタロウのタワゴト, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。