上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「きっと、黒い画面だから気分が重いんだろう。」

ってな安易な考えが浮かんだので、
とりあえず背景を白くてシンプルなのにしてみた。

これで何が変わるという保証なんてどこにもないけど、
今までとは気分を変えて、スタイルも変えて
ブログ書きに臨むことができるだろう。

「書くことがあったら書き、書きたいときに書く。」

そう、

それが、ブログだと思う。

それが、オレ流だと思う。

オレ流のブログで勝負したらいいと思う。



やっば、ごめん、今おれ、カッコいい。(死んでくれ、是非。)


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。
スポンサーサイト

毎日毎日、ブログで色々書いてるけど、
自分でも何が面白いのか分からなくなってきた。

仕事して、家帰って、晩飯食って、
ネタを必死こいて探してブログに記して終わる毎日。

そんな、平凡な日々の中で無理やりにネタを探して、
小一時間かけてブログに記す意味って何だろう?

ブログって考えれば考えるほど、わからない。

何を書けば面白いと言われるのか分からないし、
自分の書いてることが他人にとって面白いのかも、
全くわからない。

毎日見に来てくださってる方々がいるということは、
きっと何かがその方々にそうさせてるんだろう。

ただの日記を書けば楽だけど、
他人から見て面白いことなんて毎日していない。

色々考えると、全部面倒くさくなってくる。

ブログを書くのも、何もかも投げ出したくなってくる。






…って、ネタが無い日はいつもボヤいてる。

今日もそうですけど、何か?

5月はやたら長文を書きすぎて疲れたので、
6月からは、もうちょっと肩の力を抜いていきます。

毎日ネタなんて無いので、ホントにタワゴトになります。

「かかねばーッ!」

っていうのが最近重くなってきたので。

すいません、わがままいって。(?)


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

トヨタが56万台リコール=9車種パワステに不具合

トヨタ自動車は30日、電動式パワーステアリングに不具合があり、ハンドル操作ができなくなる恐れがあるとして、「ウィッシュ」「プリウス」「カローラ」など9車種56万5756台(2002年9月~昨年11月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

同省によると、対象の9車種はハンドルの動きを前輪に伝える軸の強度が不足。低速時にハンドルを大きく回したり、走行中にタイヤが縁石に接触したりすると、軸の連結部が折損してハンドルが利かなくなる恐れがある。

このトラブルによる事故は起きていないが、04年3月から今年4月にかけ、ハンドル操作ができなくなるケースが31件報告されている。 
(時事通信)


リコールかー、大変やなトヨタもー。

ん、あれ?

俺の車って、2005年4月製のウィッシュだから…

ばっちりリコール対象ですやん。

うわー、めんどくさ。

でも、低速時にハンドル利かなくなったら困るから、
早めになおしに行こう…。

どうも、FANTASTIC FOURのDVDを会社の帰りに返却し忘れ、
「また延滞地獄に巻き込まれないようにしよう。」
と心に決め、明日は絶対返すと誓った者です。

シンタロウです、こんばんは。

TSUTAYAに返却する事の何が難しいのかわかりませんけど。

さて、「来年は出てってやる。」とほざいてみたものの、
一体、どこがリーズナブルで住みやすいのかよくわかりません。

一人暮らしとか、全くしたことないですしね。

相当な箱入り男ですからね。(?)

一応、私の希望と致しましては、

・家賃が5-6万程度で、
・築10年以内で、
・外観が小汚くなくて、
・職場のある大阪の淀屋橋から近くて、
・駐車場が付いてて、
・エアコンとか完備してあって、
・リビングが7畳くらいあって、
・床はフローリングで、
・駅から近くて買い物とか便利なとこ

がいいです。

あれ、

欲張りすぎでしょうか?

でもね、エイブルとか行ったら、
絶対に店員の薦めるがまま、言われるがままに
ヘンテコな家に住まいそうで怖いので、
自分の条件だけはしっかり持っておこうと思います。

かつて、2003年末に一度、出て行こうと企て、
アパートの契約も済ませたのですが、
転職したばっかりだったので、土壇場でやめました。

退くも勇気ですよ。

そのときも、
エイブルの言うがままだったので危なかった。

というわけで、
今日は帰ってからエイブルのホームページばっかりみてました。

今回は、理由は特に無いけど相当、本気です。

果たして、一人暮らしを始めたら、
自分の生活レベルがどこまで堕ちるか見ものです。

黄金伝説の「10000円生活」でも見て勉強します。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

どうも、そろそろ27歳になりますので、
「さっさと出て行ってくれないか?」
という両親の悲鳴にも近いお声が高まっております。

というわけで、来年から出て行くことにしました。
シンタロウです、こんばんは。

とりあえず、敷金礼金だの家具だのクソだの買うために、
来月から超・節約でいきたいと思うんで夜露死苦!(何?)

シ 「あの、それだったら
   今年出て行っちゃだめなんでしょうか?」

母 今年あんたは大殺界やから、やめとき。

我が運命が、母を通じて間接的に細木さんに支配されてます。

大殺界とか、そういう次元の話なんでしょうか?

とりあえず来年までに金貯めて頑張って消えてみます。

「そういう次元の話ではない」ついででなんですけど、
今日、(正確には昨日受信)会社の仲間、
YOKO山さんより、衝撃的な画像を頂きました。

「落石注意」の看板を撮影したものなんですけど、
画像を見るとどうも、
そういう次元の話じゃなくなってる状況のようです。

ま、説明を長々するよりも、とりあえず画像を見ていただきましょう。






rakuseki
↑クリックで拡大。

落石注意って…

気を付けるの、上じゃなくて足元!?

石を注意してよけるとかそういう次元じゃないですね。

YOKO山さん、命がけのナイス・ショットをありがとう。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ちょっと、MARVELS関連に走り、FANTASTIC FOURを見てみました。

fantasticfour


あらすじ:
実験のために宇宙へ向かった科学者ら5人が放射能を浴び、DNAが変質。地球へ帰った彼らのうち4人は、超人的能力によってヒーローに祭り上げられる。残りの1人は、彼らを敵視。超能力が激突するバトルへと発展していく。

いや、普通死ぬからッ!!

…って言っちゃいそうでした。

宇宙での実験中に、「宇宙嵐」とやらに巻き込まれた
科学者5人は、それぞれ特殊な能力が備わってしまう。

ファンタスティック・フォーと名付けられることになる主役4人は、
①肉体が透明になる、②ゴムのように伸び縮みする、
③炎を自在に操る、④岩石のような肉体で怪力を発揮する、
という4種類の能力を得る。

残りの1人は体がメタルになり、4人を敵対視する。

炎を操る男と、岩石のような肉体を得る男は、
戦闘向きの能力で
「ほェー、すげえーー!!」
って、童心に返ってしまうくらいカッコよかった。

でも、体が伸びる男と透明になれる女の能力は微妙に感じた。

スパイダーマンとか、MARVELSの実写映画を楽しめる人は、
多分楽しめると思う。

ちょっとしたトリビアだが、手足の伸びる男は
ONE PIECEの主人公のモデルになったみたいです。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

先週TSUTAYAで一度手にしたものの
借りずに棚に戻してしまったMr. & Mrs. Smithを見ました。

mrandmrssmith


あらすじ:
南米コロンビアの首都で劇的な出会いをしたジョンとジェーンは結婚を。だが実は双方とも本業はプロの暗殺者。任務で同じターゲットを標的にした2人は、互いの素性を知って唖然。だが正体がバレたからには48時間以内に相手を始末するのがルール。そこで2人は互いを仕留めようとして……。
(Amazonレビューより)

この夫婦、カッコ良すぎでありましょう。

何が印象的だったかっていったら、やっぱ、夫婦喧嘩のシーンかな。

ただの喧嘩じゃなくて、
互いに銃を持って本気で相手を殺そうとしていたのが
見てて面白かった。

ジョリーになら、俺もボコボコにされたいって感じでした。

家の中で銃をぶっ放しまくり、
互いの持つ技全てをぶつけ合うガチンコ対決がもう、
カッコエエーッ!って感じでした。

女性は強し!

でも、なんだろう、この映画、
夫婦喧嘩が始まってからやっと面白くなるって感じ。

うちの両親は映画館でみてきたらしいのだが、
「喧嘩が始まるまで寝てたわ。」と言っていた。

そりゃ、あんたら夫婦には面白くなかったからだろう…

なんて思ってたら、

俺も途中で寝てしまった。

喧嘩シーンの銃撃戦が始まったところの
銃声で「はっ!!」と目が覚め、最後まで見ました。

途中で寝ながらも、一応、「面白い」って思えました。

見ればいいんじゃない?(なぜ投げやり?)


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

どうも、1つ前の投稿で、

「前々から気にはなっていた、キングコングを見てみました。」

とか普通に言い放ってみたけども、
大事なワンステップを記載するのをわすれてました。
シンタロウです、こんばんは。

そうです、ついに、ついに…

TSUTAYAに延滞料を支払いました。

「なにを偉そうに、払って当然だろ!」
「でっかいことやったみたいな言い方するな!」
「そもそも、アホみたいに延滞すんな!」
「ちょっと好き。」

えェ、えェ、ごもっともです、ごもっともですとも。

ついに払いましたよ、延滞料。

どうよ?(まだ言うか。)

きっかけは、ホントにささいなもんでした。

「あ、キングコングはちょっとみてェかも。」

ただそれだけです。

あれほど延滞料のネタを引っ張っておいて、
やっと支払ったかと思えば、
きっかけがゴリラですよ。

「Mr. & Mrs. Smith」ですら、私に支払う意欲を与えなかったのに、

ゴリラ一匹が私を突き動かしてしまいました。

やっぱり、「思い入れ」でしょうか。

ブラピとジョリーなんて、最近知った男女なんで、
「どうでもいいや。」
って思ったんですけど、あのゴリラは違います。(せめてコングと言え。)

あのゴリラは、(こら。)小学校1年の頃から知ってるんです。

なんせ、私が初めて映画館で見た実写映画が
「キングコングII」だからです。

そう、CGもなにも使用していないキングコング。

見に行った次の日に教室でキングコングの泣きまねをして
クラス中の女子にドン引きされた記憶もあり、

非常に思い入れの深い映画でした。

私の感想を見てもわかるとおり、
イマイチだったけども
ちょっとポテンシャルを出し切れてなかったけども、
私に延滞料を払わせるほど「みてェ!」と思わせた映画でした。

今日、スミス夫妻に申し訳ないと思ったので、
Mr. & Mrs. Smithを借りてみました。

今夜、見てみようと思います。

ちなみに、延滞料はなんと、

3000円でした。

高いっちゃ高いけど、ネタになるほど高くないので
シンタロウネタ審議会(!!?)にかけた結果、

「メインネタではいかない。」

ことに決定しました。

しかも、店員の応対もネタにするほど面白くなかったので。



今日は友達と朝から遊びに行く予定でしたが、
「雨降りそう。」ということでオジャンになり、
映画漬けな一日でありました。

しっかし、キングコングふざけんなよ。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

前々から気にはなっていた、キングコングを見てみました。

kingkong


あらすじ:
30年代。製作途中の映画を打ち切られそうになった監督デナムは、映画を完成させるため今までにない冒険映画を撮るため、海図にも載ってない“髑髏島”を目指す。だがそこは死に絶えたはずの恐竜や巨大昆虫、巨大なゴリラ(コング)が住んでいる島だった。しかも女優のアンが原住民にさらわれ、コングの生け贄にされてしまうのだった……。
(Amazonレビューより)

ジュラシック・パークにゴリラ投入って感じでした。

この映画とりあえず「長い!」って感じでした。
全部で3時間くらいあり、「もう、ええし!」って感じでした。

話の流れは、若干、ジュラシック・パークに似てるような気がしました。

「でっけェゴリラを捕まえたぞー!」

「でっけェゴリラを都会に運んできたぞー!」

「でっけェゴリラが逃げて暴れてるぞー!」

「でっけェゴリラをなんとかしろー!」

といった流れで、
ジュラシック・パークIIもこんな感じだったような。

面白いともなんとも言えないので、コメントは控えめです。

でも、迫力はあったかと思いますので、一応、オススメかな。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

どうも、今朝はとにかくボーーーーッとしすぎて、
JRの駅の自動改札機に、

阪急バスの回数カードを突っ込んでしまいました。

シンタロウです、こんばんは。

当たり前のように改札のアラームが鳴り、

「ふん、ここは俺の戦うフィールドじゃねえよ。」

ってな感じで、
当たり前のような顔をして戻って出てくるバスの回数カード。

ラッシュ時だったので、後ろに長蛇の列が出来ており、

「なんだ、どうしたんだ?」

みたいなノリで後ろから皆さんが覗き込んで見てきました。

「なんだなんだ、どうしたんだ?このラッシュ時に!
 定期券でも詰まらせたのか?」

「みんな急いでるのに、券をつまらせてんじゃねぇよ!」

といった感じの皆様の熱い注目を浴びる中、
改札を通りかけて私の手元に戻ってきたものが、

電車の定期券ではなく、バスの回数カード。

私の手元に戻ってきたバスの回数カードは、
イライラしながら覗き込んできた後ろの皆様には
どう映ったんでしょうか?

「こいつ、電車の改札にバスのカード突っ込んじゃったよ。」

ってな感じでしょうか?

「穴があったら入りたい。」

ってのはこのことなのかっていうくらい、赤面でした。(ポッ)

しかし、間違えて突っ込んだ私も悪いですけど、
バスの回数カードよ、お前、同じ金券なんだったら、

そこは根性で乗り切ってくれよ。

「間違えて入れられちゃったけど、
 俺は腐ってもバスの回数カード、一応金券なんだ!
 ここは根性で俺がお前を通り抜けさせてやる!」

みたいな熱い気持ちを持って挑んで欲しかった。

そこを乗り切れないならせめて、
俺の手元には戻ってこないでほしかった。

恥ずかしいから。


なんだろう、最近、「残業してやろう。」なんて
考えも出来ないほど無気力だ。

こりゃ、天下一品で「ニンニクドバドバ」でいくっきゃねぇ。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

おぃっす、シンタロウです。

最近、テレビから「キーーーン」という
非常に高い音がずーっと出続けているんです。

なんというか、上手く言い表せないけども、
頭の奥のほうに届くようなキーンという高い音。

きっとテレビの調子が悪くて高音を発し、
みんな不快な思いをしているだろうと思い、
父や母、弟に、

シ 「なァ、この音なんとかならへんかな!?」

って訴えてみました。

でも、全員が声をそろえて

「お前だけやろ、聞こえるの。」

と、私の訴えを一蹴してしまいました。

皆には聞こえないが、
なぜか私にだけ聞こえてしまうこの不快な音。

この高音のせいでリビングに入る度に頭が痛くなるので、
帰宅したらテレビも見ずに自分の部屋に篭ってます。



この話、見切り発車で走り出してみたものの、
特に広がらない可能性が出てきたので、
潔く撤退しようと思います。

退くもまた、勇気です。

ふん、そんなに毎日毎日、長文なんか書けるかよっ!

今日は、一回休み。
潔く寝てしまおうと思います。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

どうも、今日は自宅の鍵と携帯電話を見事に忘れて
家を出てしまい、

「どうしよ… メールとか入ってたらどうしよ…。」
「もしも緊急な用事で僕に電話があったら・・・。」

なんて、不安になりながら今日一日を過ごしたものの、
仕事が終わって家に帰って携帯を見てみたら
着信はおろか、メールの1つも入ってなかった者です。

シンタロウです、こんばんは。

「母上、今日は家におられますでしょうな!?」

なんて、駅の公衆電話から家に電話した
自分が気持ち悪い。

てか、いっそのこと、
電話している後ろから誰か殺してほしかった。

家を出てから帰ってくるまでの約12時間、
微動だにせずただ充電されてた私の携帯って
一体何者なんでしょうか?

やまない雨は無いですが、
鳴らない携帯はゴミだと思います。(名言!?)

そら、この歳になると周りの皆は働いてたり
なんだりで、色々と忙しいんでしょうけどもね。
(私も働いてますけども。)

誰の脳裏にもよぎらなかった私の存在ってなんだろ?

誰もシンタロウにメールを!とかよぎらなかったんでhそう。

とりあえず笑っておくしかないでしょ。

あっはっはっはっは・・・

はっは… 

あれ… おっかしぃなァ…

別にメールとか着信が無いからって、
ぜーんぜん、悲しくないのに、

涙が止まらないや。

とまァ、そういうわけで、
禁煙生活も約10日経って、
そろそろ煙草を吸いたい病が発病してきました。(関係ない!?)

さて、ネタが全然無いから禁煙の話でもしようかしら。

一応、今日で10日目になります、禁煙始めて。

思ったんですが、
やっぱり酒を飲んだときが一番自分がゆるくなります。

今日も一杯やりながら飯食ってたんですけど、
いざ、「ブログでも書くか。」って
ワードパッドを開いて数分経つとですね、
無性に吸いたくなってきたんです、御煙草が。

しかしッ!

ここで一本でも手を出してしまうと、
また元に戻ってしまうのは目に見えてわかっている。

だけども、

「吸うまい、吸うまいッ!でも… この一本が俺に快感を…。」

なんてことが頭の中で渦巻きまくってしまいました。

やっぱり、酒を飲んだときが一番意志が弱くなる。

心が大きくなってしまうというか、

「一本くらいいいじゃん。」

って気になってしまう。

今日はMAXで吸いたくなりましたが、なんとかこらえました。

意志が弱くなる原因が「酒」であるとわかっているなら、
酒もいっそのことやめてしまえばいいんですけど、
それをやめてしまうと、ただの真面目チャンになってしまうので、
酒だけはやめないようにしておこうと思います。


… ん!?

禁煙ネタで行こうと思ったけども、

大して膨らまなかったんだな、シンタロウ?

そんな日もあるよね。

平日なんだから、しょうがないしょうがない。



あかん、今でも「吸っていいよね。」とか、
悪魔が脳裏でささやいてる。

だれか、僕に拘束衣を着せてください。

そして、放置してください。(!?)


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

どうも、最近子供に人気の「仮面ライダーカブト」を
昨日の朝ずーっと見てた者です。

最近の仮面ライダーのCGってスゴイと思いました。

でも、この歳で仮面ライダーに深入りすると「アキバ系」とか
言われそうだから、もう見ないことにします。

都会っぽく「アキバ系」とか言ってみました、
京都の片田舎在住、シンタロウです。こんばんは。

しっかし、月曜ってのはとことんネタが無いもんで、
(何曜日でも同じ気がするけど…)
とりあえず見切り発車でワードパッドを立ち上げ、
ブログ投稿用のテキストを書こうと必死になってます。

今日はもう、月曜日ということで、
残業とか仕事めんどくせェから、とっとと切り上げて
景気付けに地元のジムに行って来ました。

ジムの更衣室で着替えてるとき、毎回思うんですけど、

40、50歳台のパートのおばちゃんって、
ある意味最強のパートさんたちじゃないですか?


パートのおばちゃん達の何が凄いって、

普通に男子ロッカーに入ってきて、
「失礼しまーす。」とか言いながら清掃するんですよ。


我々男子やおっさんは、「熟年のおばちゃん」の称号を持つ
彼女達が入ってくるのを普通に受け入れ、
普通に着替えたりフル○ンだったりするんですよ。

おばちゃん相手だと、
男性は恥ずかしさとか吹き飛ぶんでしょうか?

こないだなんて、パートのおばちゃんと顔見知りのおっちゃんが、
フル○ン仁王立ちで
「オウッ!お早う!元気か!」
なんて、気軽に話しかけてました。

おっちゃんは隠せっつーのに隠さないし、
おばちゃんは普通にフル○ンのおっちゃんと
向かい合って喋ってるし。

パートのおばちゃんのパワーって、すごいと思うし、
どこでだって働けてしまう、
かなり重宝される労働力だと思います。

もしこれが逆で、オッサンが女子更衣室に入って
「おはようございまーす♪」
なんていいながら普通に女子更衣室を掃除しようもんなら、

きっとそのおっちゃんは生きて帰って来れないでしょう。

おばちゃんはもう、性別を超えた存在だと思います。

時給600円のパートのおばちゃんがBOOK・OFFの社長になったように、
これからは、男子更衣室だってどこにだって入れてしまう
「おばちゃんパート」こそが、日本を支える労働力になると思います。

ビバ、おばちゃんパート!!ですよ。

この例とは、ちょっと異なるんですけど、
一昨年くらいに、滋賀県にある銭湯に立ち寄ったんです。

更衣室で着替えをしていたらですね、

「失礼しますー。」

なんて、女の人の声がしたんです。

「でた、おばちゃんパート!」

なんて思ってたらなんと、

20代前半かと思われる女性が入ってきました。

いや、下手すりゃ高校生だったかもしれない。

彼女が入ってきたとたん、

更衣室は一気に凍りついてました。

彼女は、普通に風呂場に入ったりして掃除等を始めました。

なぜかそそくさと粗品(?)を隠しだす男達。

さすがに、20代前半かと思われる若い女性が
男子更衣室や風呂場に普通に入ってきたら、
皆は緊張したり気を使ってしまうようです。

私も思わず隠しました。(何故?)

ちょっとコーフンしました。

普通にその仕事をしてる彼女も彼女だと思いますが、
やっぱりおばちゃんって、
そういう場所でもなぜか受け入れられる
オールマイティな存在だと思いました。

おばちゃんって、ほんとにスゴイ存在だと思う。



ネタが無いながらも、結構長いこと書きました。

ネタが無いかと思えば、
ちょっと卑猥な話が出てくる酔っ払い26歳。

誰か殺して。鈍器で。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

どうも、最近、色んな方々が私の投稿に対して
コメントをくれるので、
うれしくて変に頑張り出してるシンタロウです。
こんばんは。

ブログって、たぶんそんなもんですよ。

ところで・・・、
皆さんには、心の奥で引っかかってる問題とかありますか?

最近、というか、今年に入って、ずーっと胸の奥に
つっかかってる問題が私にはあるんです。

「いつかしなきゃ… いつかしなきゃ…。」

とは思いながらも、なかなかやってなかった事があるんです。

仕事の悩み?

いえ、ちがいます。
(むしろ、社会人なら仕事の悩みであってほしいけど。)

私がずーっと抱えている悩み、それは、

TSUTAYAの延滞料を支払うことです。

過去の投稿で何度も書きましたけど、
私は昨年末あたりにCDを5枚ほど借りて、
2週間近く延滞してしまい、
早朝に返却ボックスに返して以来、
今年に入ってまだ延滞料を払いに行ってないんです。

私が延滞料を払わないのは、延滞料の額が怖いからじゃないんです。

そりゃまぁ、確かに怖いですよ。

5枚1000円キャンペーンで借りたのに
2週間延滞したんですから、
どえらいマネーが発生する事は明らかです。

返却してから4ヶ月もたってしまえば、
もう今ではどれだけかりて、どれだけ延滞料を払わなければならんか
計算するのも面倒くさい。

恐らく延滞料は5000円を超えてしまってるのではないかと思う。

でも、私が返さないのは金額が問題だからじゃないんです。

私だって一応社会人なんで、5000円くらいどうってことないんです。

ただ、問題なのは、
俺の延滞料を見て

店員がほくそ笑むのが腹立つからです。

サービス業をやってる皆様ならわかると思うんですけど、
信じられないことに、私の家の近くのTSUTAYAの店員は、

延滞料が高いと、思いっきり鼻で笑うんです。

ありえない店員達です。

「お客様、えっと、延滞料が5000円となっています。

 ムフフンッ!ブヒヒッ!

てな感じで。

そりゃ、延滞した僕がぶっちぎりで悪いんで、
笑われるのが多少のペナルティであろうかなとは思うんです。

でもね、同じ仕事人としてみるとですね、

お客さんの失態を見て、
それを鼻で笑うとはなんたることか


と、思ってしまうんですよ。

だから、悔しくて延滞料は支払いたくないんです。

でも、昨日のことなんですけど、

ちょっと、久々に新しい映画も見てみたいかな

なんて、思ってしまったわけですよ。

今年に入って5ヶ月間、TSUTAYAには一歩も近づいてなかったので、
新しい(といっても、レンタルDVDですけど)映画には
かなり飢えてたんです。

ん?映画館行けって?(聞かれてない?)

一人で映画は見れるけど、限界アルンダYO!!!

すいません、取り乱しました。

というわけですね、昨日は、ATMで存分に金を引き出して、
(つっても、10,000円ですけど)
いざ、TSUTAYAへ乗り込んでいったんです。

皆様もご存知だと思いますけど、
返却ボックスに返したときのTSUTAYAの延滞料ってのは、
新たにDVDかCDを借りたときに請求されるわけです。

つまり、「どうしても見たい!!」ってDVDがあったら、
それを借りるために前回までの延滞料を
ついでに払わないといけないんです。

さて、今最もホットなDVDはどれかね?

なんて、色々新作コーナーを見てまわってたんです。

どれもこれも、私の気を引いてくれるDVDは無かったです。

でも、一つだけ、気になるのを見つけました。

「Mr and Mrs Smith」

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーのアレか…!

確かに、この映画は前々から見たかった…。

正直、迷いました。

心なしか、ジョリーは僕を見てました。(病)

でもね、

「延滞料に関してTSUTAYAのアルバイトごときに鼻で笑われる」

という侮辱を受けてまで借りたいとは思いませんでした。

たしかに、手にとって5分ほど迷いましたけど、

スミス夫妻は、そこまで魅力的ではなかった。

というわけで、何も借りずに店を出てきた。

TSUTAYAに背を向けながら、私は思った。

TSUTAYAよ、俺に延滞料を払ってほしければ、
もっと魅力的なソフトを増やしたまえ。


結局、延滞料を払おうと思っていったはいいが、
払わずに帰ってきた。

俺の悩みは、今後も当分続くだろう。
(さっさと払え。)


小学校の同級生、
あささんからバトンが回ってきました。

お兄さん、頑張っちゃおうかな。(?)

①最初に回す人を5人。

いのりあ、akkobyon、ポール、さとじぃ、なっち

5人のユー達、思う存分書いちゃえばイイと思う。
上記の5人に限らず、
このブログを見た人は、書いちゃえばイイと思う。

ちなみに、全員mixiです。

②おいくつですか?

26歳です。「まだ」26歳です。
残り5ヶ月ちょっとで27歳になってしまうので、
今必死に踏ん張ってます。(何を!?)

③おなまえは?

シンタロウ・ホドリゴ・ノゲイラっていいます。
略してシンタロウです。

④ご職業は?

一応、技術翻訳者…になるんだろか?
ビギナーですけど。

⑤ご趣味は?

楽しそうな事には何にでも手を出してしまうから、
趣味って言えるほど入れ込んだものはありません。
浅く広く、何でもやりたい派。

⑥好きな異性のタイプは?

タイプとか、特に無いです。
本能で「好きなのねん!」って思える人。

⑦特技は?

絵を描くこと。
昔っから、絵を書くのは大好きで、
人からも上手いと言ってもらえるから、
きっとこれが特技なんでしょう。

でも、絵の具で色を塗らせたら最悪です。
専ら、モノクロな絵を描く。

⑧資格、何か持ってますか?

普通自動車免許くらいかな。
技術翻訳者を気取ってるくせに、英検は2級。

そろばん4級を持ってるけど、
「4級以下は履歴書に書けない」と
まいっちょに教わったから含めない。

⑨悩みは何かありますか?

・結構、人見知りをする。
・人との会話を楽しむ方法がわからない。
・また彼女が出来る日は来るんだろうか。

⑩お好きな食べ物とお嫌いな食べ物を教えてください。

好きな食べ物:
敢えて挙げるとしたら、「カレーライス」かな。
カレーだけは絶対2杯は食わないと気が済まない。
食べるのが遅くて給食の時間におかわりできなくて、
何度涙したことか。

嫌いな食べ物:
嫌いなものは、全く無いに等しい。なんでも食べる。
でも、プルーンだけは無理。
あれをパンに塗ってしまおうという、
三木プルーンとその消費者の気持ちがよく分からない。

⑪あなたが愛する人々に何か一言。

アナタガ、スキダカラーッ!!!

⑫バトンを回す5人を簡単に他者紹介してください。

いのりあ(小・中学からの同級生)
akkobyon(ブログ仲間&飲み友)
ポール(ブログ仲間&飲み友)
さとじぃ(中学の同級生)
なっち(中学の同級生)

書きたく無ければ、書かなきゃいいじゃん。(誰!?)


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

私のメインPCを起動した時、
画面右下にこんなメッセージが現れた。

message


「このメッセージをクリックしてください。」

って言われても…

その「正しく機能していないUSBデバイス」が…

マウスなんですけど?

どうやってクリックせェと?



朝のスタート・ダッシュと昼寝のせいで寝れません。

誰か僕を優しくシャットダウンしてください。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

どうも、幼稚園の頃は△のことを「しかく」、
□のことを「さんかく」だと思ってやまなかったのに、
小学校に上がってから「それは逆だ」と教えられ、
幼心に深い傷を負った経験のあるものです。

シンタロウです、こんにちは。

いやァ、しっかしまァ、凄いですよ、この私。

何が凄いって、

土曜朝のスタートダッシュがですよ。

今朝は、全盛期のスケートの清水宏保ばりの
ロケットダッシュな朝を過ごしてしまい、
自分でも驚いてしまいました。

スコスコスコーンッ!はやッ!太ももふっとッ!みたいなね。(?)

*清水を知らない人は、お父さんに聞いてみよう。

まず、起床が朝6:00だった。

この時点で、ちょっぴり頭おかしい。

「休みの土曜の朝くらい、もっと寝てろよ」って感じです。

でも、ダメでした。

一度起きたらもう私を寝かしつけることの出来る者はいない。

朝4:00から起きている親父に「おはよう」を言い、(!?)
ついでに「ほい、これ。」とか言いながら
昨日のプレゼントをくれてやり、朝食を食った。

だらだらしてる間に、時刻は7:00。

「それってだらだらしてるって言う?」
って言いたくなるくらい、時刻が早すぎる。

しかし、寝るわけにはいかないので、(?)
「どうしようかな、暇だな…何しようかな…」 
なんて悩んだ末、こんな決断をした。

「そうだ、車を洗おう。」

正常な26歳男子が、
なぜに早朝から車を洗おうとか言い出すのか?

「自分の言動がどうも普通の人よりズレすぎている」
とは思いながらも、
体は洗車をするための準備にかかっている。

朝7:20、本当に洗車開始。

ほんとにユーはクレイジーだよ、シンタロウ。

朝7:00台で洗車してる奴なんて、
まわりに一人として見当たらないよ。

GWの時に高速道路を運転したため、
小さな虫の飛び散った跡が車のバンパー部を覆っていた。

この汚れは、時間が経つとなかなか落ちなくなるので、
遅くなりながらも今日はどうしても落としておこうと思った。

GWからずっと、そのことばっかり考えてた。

仕事もそっちのけで。(仕事しろ。)

でも、7:20AMから洗う必要って無いよね。

1時間ほどかけてみっちり自分の車を洗い終えた後、
自分の中で、何か物足りない気がした。

なんだろ、この、気持ち悪いほど上がってしまったテンションは。

洗車場から、親父にTELしてみる。

プルルルル…

母 「はい、もしもし。」

シ 「あ、俺だけど。」

母 「わかっとるわ。何や?」

シ 「親父に言っといて、『車洗って欲しかったら持って来い。』」って。

そう、

もう1台洗っちゃおうかなって思った。

なんなんだろう、この馬鹿テンション。

頭おかしいよ、ほんと。

近所のおじさんとかおばちゃんが、
朝から車を洗う俺をみてびっくりしてたよ。

いつも洗車場の奪い合いになるおじさんも、
さすがに今日は驚いた顔してたよ。

しかも、「2台目も洗う。」とか言い出してるんだもん。

親父は、何のためらいもなしに車に乗って現れた。

父 「いや、ごくろう。あらっとけよ、ピカピカに。」

シ 「なんでそんな偉そうやねん。」

半分冗談で言ったつもりだったのだが、
ほんとに持ってこられたら洗うしかあるめェ。

俺の車より若干小さかったので、30分ほどで洗い終えた。

いやァ、ほんと頑張った。

2台も洗っちゃうなんて、ホントお疲れ、俺。

やっと自分の中で何かが満たされた時、頭上に何かを感じた。


ポツリ… ポツリ… ぽぽぽぽぽ・・・ 
ポツリポツリポツリポツリポツリポツリポツリポツリ
ポツリポツリポツリポツリ…



あ、あああああ… あ、あ、

小雨ふってきただァーーーーーー!

なんてこった。

天気予報を全く見てなかったっていうか、むしろ、
天気予報の言う事なんて嘘だと思ってた。

確かに、「雨フルよ。」とか天気予報はほざいていたが、
結構晴れてたから大丈夫だと思ったのに・・・。

取れにくい虫だけでも洗い落としたはいいけど、
俺の費やした約2時間って何だったんだろう。

意気消沈し、家に戻ったら朝9:00。

あァ… やること無くなったよオイ…。

くっそぉ、こりゃ、行くっきゃねェだろ、

コスパ(ジム)に。(!?)

時々、自分の言ってることとやってることが
おかしいと思う事がある。

洗車をし終わって朝9:00に家に戻って、
どうして「よし、ジムに行こう」なんてテンションに
もっていけるのかが、自分でもよくわからない。

朝6:00に起床し、9:00まで怒涛のように駆け巡った挙句、
ジムで10:00~12:00まで
トレーニングとプールとランニングを頑張ってしまった。

13:00に帰宅した俺は、

「もう、今日俺のやるべきことは全て終えた」

と言わんばかりに缶ビールを飲み、15:00まで寝た。

何だったんだろう、今日の朝のロケットダッシュ。

何だったんだろう、あの神がかり的なハイ・テンション。

何で今日の投稿はこんなに長々と書けちゃってるんだろう。

何で親父は今日、4:00に起きてたんだろう?



あ、そうだ、今日で禁煙1週間。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

どうも、今日は禁煙も6日目に突入し、
普通に禁煙できてしまっていることから、
いつ、「禁煙○○日目!」という報告を辞めようか、
仕事もそっちのけで考えてました。(働け。)

シンタロウです、こんばんは。

最近、だんだん健康になってきて困ってます。
だれか、見るだけでいいから煙草見せてッ!!!(病)

さて、煙草ネタはおいといてですね、
なんといいますかな、今日もいまひとつ、
「コレッ!!」
っていうネタが無いんです。
まァ、それはいつものことですけど。(苦)

敢えてほじくり出すなら、

明日はうちのオモシロ親父の誕生日です。

私って、言ってみれば居候なわけですよ。

職を持っていながらも、特に一人暮らしをするわけでもなく、
実家でのらりくらりと生きているわけです。

さすがに、親の誕生日くらいは何か買わねば…
と思い始め、
今年はちょっとプレゼントをすることにしました。

先月の4月20日は、母親の誕生日。

会社の帰りに阪神百貨店に立ち寄り、
時計を購入してプレゼントしました。

watch


SEIKOのうんだりくんだりっちゅー時計で、
角度によって文字盤の色が変わる、綺麗な時計。

お値段はなんと、38,000円

く… 俺の時計より高い。(汗)

38,000円の時計が高いか安いかは、
貴殿の生活レベルに合わせて判断してください。

ケチな俺にとっては、38,000円の時計なんぞ、やりすぎです。

なぜ、こんな時計を買ってしまったか?って言ったら、

シ 「30,000円くらいの時計で、何かイイのあります?」

なんて調子で話しかけた綺麗な販売員のお姉さんが、
色んな時計、しかも30,000をガッツン超えた時計を
薦めてくるので、
思わず38,000円の時計でハンマープライスしてしまったから。

母上の誕生日うんぬんよりも、
ささやかでも販売員のお姉さんの売り上げに貢献したい、
お役に立ちたいという気持ちが俺を動かした。

正直、おかんの誕生日プレゼントに38,000円はやりすぎだ。

でも、仕方ない。

俺は居候の身、生かされてる身。

年に1回くらい、感謝の気持ちを込めてやろうというわけで、
くれてやりました。

さて、話は戻り、明日は親父の誕生日。

当然、親父は俺がおかんに38,000円台のプレゼントを与えたことを
知っており、何も言わないながらも、なにか期待しているであろう。

これで何もやらなかったら、

きっとスネるに違いない。

だから、買いに行かないわけにも行かないので、
会社帰りに、また阪神百貨店の時計売り場に時計を買いに。

誕生日に時計を買う理由は、特に無い。
時計なら、結構無難そうだという俺の勝手な判断だ。

今日の時計売り場には、別の綺麗なお姉さんがいた。

時計を自分で色々物色しても、
俺にとってのお手頃価格な時計は見あたらなかった。

しかたない、お姉さんに聞いてみるか。

シ 「あの、すいません。」

店員 「はい、いらっしゃいませ。
     どういったものをお求めですか?」

シ 「えっとですね、男物の時計で、4,5万程度のものってあります?」

店員 「プレゼントですか?」

シ 「はい、誕生日プレゼントです。」

店員 「… そ、そうですか…。
では、こちらなどいかがでしょう?」

店員のお姉さんは色んな時計を出してくれた。
自分の腕に嵌めてみて、色々物色してみる。

4,5万が予算というのは、嘘だ。ていうか、見栄だ。

あんまり時計をしない親父には30,000円程度の時計で十分だ。

いや、20,000円程度のG-SHOCKでも十分であろう。

でも、さすがに一家の大黒柱に対して
G-SHOCKはまずいだろうと思ったのと、
「お姉さんが綺麗で売り上げに貢献したくなっちゃった」という理由から、
予算を50,000円に大幅アップ。

親父よ、売り場のお姉さんに感謝しろ、コノヤロウ。

というわけで、色々見た後に結局、42,000円の時計でハンマープライス。

もちろん、30,000円程度を想定していたので、

奥義・カード2分割払いの拳だ。

父上、母上、今年は僕の気まぐれで買いました。

来年からは、特に無いと思ってください。

でも、家には置いてください。(懇願)



ちなみに…

帰りの電車で、ふと思ったんですが、
ちょっと時間を遡ってですね…、
親父の時計購入時の時の最初の店員さんとの会話なんですが、
私、「買い与える相手が親父である」ことを
お姉さんに伝え忘れてました。

シ 「えっとですね、男物の時計で、4,5万程度のものってあります?」

店員 「プレゼントですか?」

シ 「はい、誕生日プレゼントです。」

自分の腕に時計を嵌めてみる。


会話の流れと俺の行動から、お店のお姉さんが僕の事を

「ホモ」だと思ってないか心配です。

同世代の男友達の誕生日プレゼントに、
40,000円もする時計なんか死んでも買わないですから。

あ、画面の前で、「いわ兄」と「なかぐっちゃん」が笑ってる。


届かないかもしれないけど、僕はココで言っておく。

僕はちゃんと、女性が大好物好きですよ。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

あァん!??てんめェ…
     もっぺんいってみろ、ゴルァ!?

「煙草吸いたい。1本と言わず、山ほど吸いたい。」

禁煙5日目、シンタロウです。

訳の分からないシチュエーションで、こんばんは。

いやいやいやいや、しっかしあれですよ、
そんなにね、毎日毎日ネタが転がってると思ったら、
大きな間違いですよ、皆さん。

昨日の「お経VCD」でさえ、精一杯なんですから。

しっかし、なんでしょうかね、この心境は。

ニコチンって、恐ろしいほどの中毒性を持ってると思います。

ここ五日間、なんてこたァなく禁煙を続けてきたんですけど、
晩飯の時に酒を飲んでると、
ふと、こんな声が聞こえてきたんです。

悪魔 「もういいだろ、お前、頑張ったよ。」

脳裏で誰かがささやいてくるんですよ、
「1本くらいイイだろ。」って。

すんごいです、今、ヤマがきてるって感じです。

5日目にして、何か抑えようのない力が働いてるって感じです。

煙草にむしゃぶりつきたい衝動を抑えてるって感じです。

これを押さえ込んで、無理やり寝て、
禁煙5日目をクリアしたいと思います。

くはァ… 喉から煙草でてきそう…!


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

そういや、今週の始めくらいでしたかね、
どこからやってきたのかよくわかりませんけど、

「お経VCD」とやらが回ってきたんです。

しかも、

2枚も。

okyo


「これ、シンタロウさんにあげるわ。」

ってな感じの、かるーいノリで私に回ってきたんですけど、
「お経」のぎっしり詰まったVCDって言われても、

私も特に興味は無いですよ。

これまた、どなたかが購入した中国かどっかのお土産らしい。

たとえ、興味が無いとはいえ、職場のお姉さま方がくださったものを、
まさか、つき返したりなんかできるもんですか。

突き返したら袋叩きですよ。

「再生してみよう」という心意気だけを
お姉さま方に見せておいてあとは適当に扱おうと思い、
とりあえずCDをPCにつっこんでみました。

しかし、職場のPCでは、どうにもうまくいかない。

シ 「これ、再生できませんよ。なんかおかしいですよ。」

姉 「え、そうなん?再生できひんの?家ので再生してみたら?」

「これ、再生できませんよ。」って言った時点で
諦めて…いや、全ての興味を失って欲しかったんですが、
そうもいかなかった。

なぜか皆、興味津々のご様子だ。

でも、皆、自分で再生しようとはなさらない。

普段の私なら、再生できるまでとことん突き詰めるんですが、
さすがに「お経のVCD」とあっちゃ、
特に頑張ってまで開こうと思いませんでした。

家のDVDに突っ込んで、DVDプレーヤーが壊れてもイヤだし。

でも、よくよく考えてみると、
これって中国のお経のVCDなんですよ?

もしかして、

ネタが詰まってること間違いなしじゃない?

というわけで、
今日はたまたま帰り際にこのVCDの事を思い出したので、
家まで持って帰ってきて鑑賞してみました。

ジムやらなんやら行き終わって、
さて、寝ようと思った11:30頃にこのCDの存在に気付き、
マイPCに突っ込んでみました。

… 自動再生。

… !!!

… … やばい。やばいよコレ…

bozu1


bozu2


鑑賞してたら、笑いが止まらないよ。

なんだよコレ…、危うく職場で捨てるとこだったけど、

爆笑もんぢゃないですか。

何が面白いって、

まず、

中国語で、意味が全くわからない。

んでもって、

登場人物が、大仏か僧侶だ。

しかも、

僧侶一人一人の顔がマジだ。

そして、

発してる音楽はお経だ。

さらに極めつけは、

画像自体がカラオケ対応だ。(字幕付き)

ポイントだけ押さえたが、
見てる間、
不覚にもこの独特の雰囲気に爆笑してしまった。

真面目なCDだからこそ、笑いを堪えることができなかった。

いかんいかん、歌詞の中に

「南無阿弥陀仏」

とか出てくる度に笑いを誘われる。

耐え切れなくなって、ついに5分で停止してしまった。

いつ何時、ネタが目の前に転がり込んでくるかわかったもんじゃない。

見てみたい人は、ぜひ、シンタロウまでご一報を。

多少オーバーに書きましたが、変な空気に笑いを誘われます。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ど… どゥーも… シンタロウです…。

煙草をやめてから今日で4日目です。

「煙草が吸いたい!!」

とかいう次元の問題ではなく、
もう、敢えてこの思いを表現するとすれば…

「いっそのこと、煙草になっちゃいたい!」(!?)

てな感じです。

さて、冗談はこれくらいにして、

今日は特に書く事無いんですけど、どうしましょう?

んなこと、読者の皆様に聞いてどうすんのっつーのね。

そだそだ、煙草とぜんぜん関係ないんですけど、
つーか、
このブログのテーマを「煙草」にした覚えは
さらさら無いんですけど、
最近、週3日くらいでジムのプールに通ってるんです。

あれ、前も言いましたっけ。じゃあ、もう一回聞けばいい。

週3日も行ってたら、それなりに、
そのプールの常連メンバーっつーものが
見えてくるわけですよ。

「へッ こいつら、またきてやがる。ジムオタクどもめ。」

って、鼻で笑いながらも、

自分もぶっちぎりでそれなわけです。

「こいつらとは、仲良くならないぞ。」って思いながらも、
目くそ鼻くそで、はたからジムヲタクの仲間入りですよ。



あ…

アッ、しまった!!

見切り発車でジムのプールの話を書こうと思って
書き始めたはいいけど、

煙草の代わりに酒を飲みすぎちゃって、

話の落としどころを忘れてしまいました!

なーに、大した話じゃありません。

「ジムのプール」という、もろ運動することが義務付けられてる場所で

イチャイチャしてるカップルを見つけたので、
追い出してやろうかと思った話を書こうとしただけです。


でも、この話をどう落としていいかという肝心な部分を忘れたので、
やめておきます。

はぁ… 煙草になりたい。(まだ言うか?)


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

どうも、今日も元気だ、タバコが吸いたい。
いかんいかんいかん!こらえろ!こらえろ!(己の左頬をしばきながら)
禁煙3日目のシンタロウです、こんばんは。

今朝、通勤バスの車内で定期券の落し物を拾ってしまいました。

いつもの一番後ろの席にすわろうと思ったら、いすの上にありました。

この一枚の定期から得られた情報は、以下の通り。

*阪急電車の定期券で、区間は桂⇔長岡天神。
*通学用の3ヶ月定期。(6,700円)
*所有者は15歳の女性で、名前は○○○。
*購入日は4月19日。

これらの情報と、バス路線上に高校があるという事実を基に推測すると、
所有者は入学したての女子高生であることが伺える。

さて、この定期券、どうしましょう?

どうしましょうってそりゃ、
運転手か誰かに届けろって話なんでしょうけど、
何故か私の頭の中では、天使と悪魔がささやき始めました。

悪 「定期を拾っただと?放っておけよ、そんなもん。
   女子高生の定期とか、めんどくさい話に巻き込まれるぞ。
   元の場所においといてさ、しらんぷりしちゃえよ。」


天 「ダメだよシンタロウ、放っておいちゃ。
   きっと持ち主は今頃、
   なくしたことに気付いてアタフタしてるよ!
   かわいそうじゃないか!」


一人の人間の3ヶ月分の交通費の一部が、我が手中にあり、
その行方がシンタロウの行動に左右されてしまう。

この子の運命は、俺が握ってる?

6700円という、微妙に「また買えば済む額」の定期ごときで
「運命を左右されてる」かのごとく言われてる女子高生も心外だろうが、
こういう微妙な落し物を拾ってしまうと、
それを落とした人間が今どんな心境に陥っているのかを想像してしまう。

そして、ただ届ければ済む話なのに、
なぜか頭の中では天使と悪魔が言い争ってしまう。

俺はどっちかというとMだと思っていたが、Sだったのかもしれない。

ううん、そんなカミングアウトは要らない。

悪 「どうすんだ、えェ?もういいじゃん、出しゃばらなくても。
   落としたそいつが悪いんだからさ。
   放っておいたら誰か拾うじゃん。
   一度落として無くしたら、
   もうなくさないようになるだろ、そいつも。
   こりゃ教育だ、教育。なんならお前、パクっちゃえよ。」


天 「だめだよ、シンタロウ。
   きっとその子はがっくり肩を落としてるよ?想像してごらん?
   せっかく高校に入学して、
   楽しい学校生活をエンジョイしようとした矢先に、
   定期を落としてなくしてしまうって、へこむと思うよ?
   それにほら、想像してごらん?なくしたと思った定期が、
   どこかの親切なリーマンに拾ってもらって、
   帰ってきたときのその子の喜ぶ顔を?」


悪 「どこのどいつかわかんねーだろ、そんなもん。
   喜ぶ顔なんか想像できるか!放っておけ!」


天 「だめ!シンタロウ、
   あなたの小さな勇気で誰かがハッピーになるんだよ!届けて!」


悪 「見返りはッ!?金銭的な見返りはァッ!?無いならヤメロォ!」

天 「世の中全部がお金じゃない!シンタロウ、バスの運転手さんに届けよう!」

とまァね、こんなに長々と脳内の天使と悪魔の攻防を書くと、
精神のご病気を患っていると勘違いされそうで怖いので、
これくらいにしときます。

結局、この定期はバスの降り際に運転手さんに預けました。

確かに、めんどくさいの苦手だから放っておこうかな…とも思いましたけど、
「女性と自分と地球に優しいシンタロウ」
をモットーに生きてますので、
女の子の落とした定期はちゃんと運転手さんに渡しておきました。

同じ阪急系列なので、定期の情報から身元が割り出され、
持ち主に届けられることでしょう。

ちなみに、いや、ちなみになんですけど・・・

定期券に「15歳男」とか、
わけのわからん(?)情報が記載されていたら、どうしていただろうか?

そりゃもう、窓を開けてその定期券をピュ-ッと外に放り投げ、

「おとといキヤガレ、バカヤローッ!!」

と、飛び行く定期に罵声を浴びせていたことでしょう。(悪ッ!)

男に対しては、分量で言うとバファリンの1/8くらいの優しさしか提供しません。

男は一歩外に出たら、100人の敵が居ると思え。

俺の定期を見つけた男子は、ぜひ届けてくれ。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

どうも、普段は滅多にショックを受けるようなことは無いんですが、
今日の昼食時に売店でおにぎりを買ったら、
普段は付けてくれる簡易味噌汁が私だけもらえなかった事に
ショックというか、衝撃を受けてしまいました。

シンタロウです、こんにちは。

たぶん、味噌汁を渡し忘れただけだと思うんですけど、
サービスで付けてくれているだけに、

「あれ、味噌汁は?」

とか、みみっちいこと聞きづらいですよ、いい大人が。

でも、いざ自分のデスクに戻ってみると、
やりばのない怒りがこみ上げる。

「味噌汁抜きで、おにぎりを食えと?
 おにぎりを食えとォ!?

そんな事をブツブツ言いながら、温かくない昼食を頂きました。

ついでに、タバコをやめてやることがなくなったので、
昼に投稿してみました。

変に健康な生活が嫌。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

はいはい、どうもどうも、毎晩どうも。

シンタロウです、はいはい、こんばんは。

今日は、ちょっと投げやりな態度。

ちょっぴりイライラしてます。

なんでって?そりゃ、あれですよ。

私、性懲りも無く…

禁煙始めました。

前回の禁煙では、
「禁煙セラピー」たらいうちょっと流行った本を読んで
長期の禁煙に成功しました。

しかし、3ヶ月でDROP OUTしてしまいました。

でも、今回は本気です。

「本気」と書いて「きんえん」って読んじゃいます、私だけ。

それくらい、真剣に禁煙してしまおうと思います。

なんでまた、禁煙を始めようかと思ったか?

それは、私が愛煙していた「MILD SEVEN」がこの度値上げされ、
270円から一気に300円へ増額されるみたいだからです。

300円のタバコなんて、ありえないでしょう?

タバコ買ってる暇があったらヘルシア緑茶で減量するってもんですよ。

金がかかったときの私の辛抱強さといったらもう…アレだよ。(?)

というわけで、今日は禁煙2日目です。

土曜の夜にタバコ吸いすぎて、気持ち悪いから日曜吸わなかったという、
変なスタートダッシュをかましてみましたが、
今回こそは、禁煙を成功させてみせようと思います。

いつまで続くか、楽しみです。

でも、もうすでに苦しいです。

プルプルいってます。

生まれたての小鹿のようにプルプルしてます。(小刻みッ!)


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

どうも、載せる内容は決まってるのに、
出だしに何を書こうか10分程考えてしまいました。
シンタロウです、こんにちは。

昨日、13日の土曜日は、
会社の皆さんと神戸の「布引の滝」を見に行ってきました。

布引の滝は、JR新神戸駅から15分ほどのところにあります。

散策コースになっていて、運動不足の方にはもってこい。

私は自分でも嫌気がさすほど雨男なので、
昨日もばっちり雨雲を呼んでしまいました。

晴れてたら景色とか良かったんだろうケド、
ま、自分の雨男ぶりに周りの人間を巻き込んでみました。

みんなと出かけるときにこれだけ雨ふると、
もう笑うしかありませんよ。

↓笑いながら写真でも載せてやろうと思います。ハハッ

nunobiki1


nunobiki2


nunobiki3


雨が降っていたため、滝の流れ方がかなり豪快でした。

初めて、雨男で良かったなーって思いました。

まぁ、

雨が降らないに越したことはないですけどね。

滝を横目にさらに登っていくと、貯水池がありました。

ike


霧がかかってて、幻想的な感じがしましたが、
霧が濃すぎたため、あんまり景色は見えませんでした。

一通り見終えた後は、神戸南京町へ。

nankinmachi


ミニ・中華街って感じです。

特に何が欲しいってわけでもなかったので、普通に通過してみました。

三宮周辺をグルグル回った後は、ごだいご三宮店で飲んで帰りました。

充実した一日でした。

オチとか笑いとか無いけど、サヨウナラ。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

最近、GW宮崎旅行の時に撮った画像を小出しにアップし、
書くネタが無い間を繋ぎまくってはいるが、
肝心のネタ様が一向に現れてくれないからどうしようかと、
特に真剣には悩んでないけど、ちょっと心配です。

シンタロウです、こんにちは。

雨のコンチキショウの為、今日は若干動きが制限されてます。

土曜日の朝なのに7時に起きてしまったという、
このなんとも言えない時間を、
たまにはテキスト書きに費やそうと思います。
(他にやること無いんだわ。)

先日、わけのわからん通知書が2通ほど我が手元に届きました。

早速、ご紹介致しましょう。

まず一通目の通知書、
ペンネーム「京都府自動車税管理事務所」様から頂きました。

「平成18年度 京都府 自動車税納税通知書。
 税額 \34,500。
 5月31日までに払ってチョンマゲ。」

さ、さんまんよんせんごひゃくえんですと…?

聞いてねェぞ、コノヤロウ!!

油断していました、完全に。

車なんて、ローン代とガソリン代と保険代と駐車場代くらいしか
要らないと思ってたんですが、
こげなもんをこんなにも支払わなくてはならないんですね。

できることなら、

「払えるけど払いたく無いんです。どうしましょう?」

という質問状に通知書を同封して、送り返してやろうと思います。

さて、こんな苦しい通知書は5月末まで無視しておいて、
次の通知書をご紹介致しましょう。

ペンネーム「大YAMA崎町役場」様から頂きました。

「軽自動車税 納税通知書兼領収書。
 税額1,000円。
 5月31日までに払ってチョンマゲ。」

なんじゃこれ。軽自動車税…?

あッ!!

もっこりすっかり忘れてましたが、そういや私、原付持ってました。
でも、何で私、原付を持っていたことを忘れていたんでしょうか?

あ、そういや、弟が俺から勝手に原付を奪い去り、
会社の営業で乗り回してるんだった。

思い出したぞ、そういやつい最近、奴に問いただしたな。

シ 「おい、俺の原付どうなってるんや?ちゃんと動くんやろな?」

弟 「おぅ、ちゃんと乗ってるわ。」

シ 「あれ、14万円で俺が買ったんですけど、返してくれる?」

弟 「お前、のらへんやろ。」

シ 「いや、それでも俺が14万はたいて買ったんだから、
   買い取ってくれません?今なら30,000円で売ってやるよ。」

弟 「無理。てか、言い忘れてたけど、」

シ 「なんや?」

弟 「チラシを乗せるために、原付の前部分にカゴ付けたし。

シ 「はッ!!!?????」

奪い去ったのみならず、知らぬ間にカゴまでつけやがった。

所有権は俺にあるにも関わらず、完全に奴に支配されている。

というわけで、ペンネーム「大YAMA崎町役場」さん、

僕の原付は弟の支配下にあるので、
そんな税金払いたくありません。




こんな軽いタッチで脱税できる世の中だったらいいのに。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

高千穂から約40分。
といっても、ガードレールの無い山道をノロノロと
40分だから、結構な距離だと思う。

やっと祖母の家に到着。
時刻は恐らく、6時半くらいだっただろうか。

久々に見た祖母の家は、特に変わって無かった。

ただ、おばさんがガーデニングもどき(?)にハマッた為、
若干、お花が増えていた。

てか、山なんだからガーデニングいらねェだろ。

↓これが、祖母の家。

house-baba


まァ、田舎ならどこでも見かけるような、普通の家。
築何年か忘れたけど、とにかく古い。
でも、ウォッシュレット付きのトイレを最近完備したところを見ると、
時代の流れってすごいなと思う。

でもね、

上の写真のアングルから、ちょっと左を向いたら、
↓こんな感じ。

house-baba2


超・山奥です。

携帯の電波?そんなもんとどきません。

最近、FOMAの電波塔を建てたらしいが、
どうも国の認可みたいなのが下りてないらしく、
繋がらないらしい。

てか、俺auだから全然関係無いけどね。

でも、こんな山奥だからこそ、時間も仕事も何もかも忘れて
ぼーっとしていられる。

子供の頃は、「暇すぎてイヤ。」とか言ってたけど、
この歳になって来てみると、「やっぱイイな。」って思う。

うわ、

オジンくせェ!!

到着した日の夜、おじさんと
白霧島、黒霧島、赤霧島を全て一通り飲み、
私だけ朝方までゲロゲロ吐いてました。

次の日、おじさんは朝4:00頃から山仕事へ。

朝9:00頃、真っ青になった私を見て叔父さんが一言。

叔父 「お、起きたか!今晩も焼酎ぞ!」

シ  「び、ビールにしときます。(苦)」

最強の叔父さんです。
ちなみに、うちの親父の兄です。
彼にも色々武勇伝があり、それはまたいつか書きます。

テキスト少なくてすんません。
小出しに写真で何とか毎日つないでます。m(_ _)m


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

モブログ投稿でも載せましたけど、
祖母の家から約40分?くらいのところに
高千穂峡があるので、ちょっくら立ち寄ってみました。

写真アップばっかりですんませんけど、
自然の美しさをお楽しみ下さい。

takachiho-1


takachiho-2


takachiho-3


takachiho-4


テキスト少なくて、すいません。

「自然って、でっけェな。」

って、思える瞬間でした。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

うちの祖母は、牛を飼育している。

私は子供の頃から、
祖母の家に行くと牛ばっかり眺めてた。

食肉用の牛だから、毎回同じ牛がいるとは限らない。

だから、特定の牛に愛着があるわけでもない。

でも、何となく牛を見ているのはスキだった。

ushi


↑勝手に命名して、「笑い牛」。

写真をパシャパシャ撮ってたら、
偶然にも笑っているような顔が撮れた。

でも、出している舌が「牛タン」になるのかと思うと、
ちょっとゾッとする。

ushi2


↑「笑い牛」の娘、名付けて「うんこ牛」。

レディに対してなんという名を…。

しかし、離乳して物を食い始めたとき、
胃の中に寄生虫か何かが宿ってしまったらしく、
下痢ばっかりしていた。

ただ今療養中。

nagame-ushi


↑名付けて、「眺め牛」。

手前の「笑い牛」と「うんこ牛」を可愛がっていると、
奥からうらやましそうにこっちを眺めていた。

とにかく、こっちをずーっと眺めていた。

写真は撮ってないけど、その「眺め牛」の娘は、
小屋の窓から外をずーっと眺めていた。

uri-bou


↑ウリ坊。

なぜかイノシシがいた。

その昔、親とはぐれて独りぼっちだったこのウリ坊を、
祖母が拾ってきて小屋で飼い出したらしい。

でも、予想以上にデカくなりすぎて、
野に放つと自分の身が危ないと思い、鉄柵の中へ。

シ 「婆様、このイノシシはペットですか?」

婆 「今日の食卓には出さんよ。」

そういう意味で聞いたんじゃないんだけど。

普段触れ合うことの少ない動物に出会えて、
何となく癒された気がする。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

これまでの宮崎旅行で色々な写真とか、
アップするつもりではありますが、
今日の帰り道の高速道路での出来事を一発。

朝8:00、帰り道の長旅を思うと気が遠くなりそうだった。

カーナビの目的地を「自宅」に設定すると、
なんと帰宅予定時刻は「18:00」。

そう、10時間。
今日、本来ならば働いていた時間と同じ時間だけ、
車に乗っているということになる。

帰宅予定時間を早め、今日の休息をゆっくりとるためには、
できるだけ高速道路でスピードを上げ、
走行時間を短縮していく必要がある。

私は、明日の事を考え、追い越し車線をギュンギュン飛ばし、
ひたすら時間短縮をすることに努めていた。

法定速度80km/hのところを、110km/hで飛ばしていた。

走行車線を走る車を8台くらい抜いて、
「オー、ヒー イズ マラドーナ!」
ってな感じで気分良く飛ばしていると、
走行車線をのろのろと(といっても80km/hくらい)で走る白いセダンが。

ん!やばい!なんか警察の匂いするアルよ!

悪い予感を感じた私は、とっさにブレーキを踏み、
速度を90km/hくらいに落とした。

しかし、敵はその白いセダンでは無かった。
100mくらい前を走る白いセダンだった。

追い越し車線で、その2台の白いセダンの間にさしかかったころ、
突然前を走るセダンが赤色灯を車の上に乗っけた。

ふ、ふ、覆面パトカーッ!!

父、母の乗る車内に緊張が走る。

シ 「お、俺かな…?」

父 「お、お前ちゃうか・・・?」

母 「あ、あんたやろ・・・ アホほどぬいとったもん…。」

すると突然、覆面パトカーの助手席に座っていた警官が、
手で合図をし始めた。

シ 「うわ…。寄せろって言ってる…。」

そして、覆面パトカーのリアウィンドウのカーテンが開き、
電光掲示板が現れた。

次のPAで停車しなさい。

終わりだ…。

俺のゴールド免許の夢がパーだ。
これまでの無事故・無違反がパーだ。
せっかく、ミスター・フェアプレイこと、
ゲイリー・リネカー(古ッ!)を気取っていたのに…。

覆面パトカーの真横を並走してみたが、
警官はこっちを向かない。

捕まる時っていうのは、こういうものなのか…。

覆面パトカーがゆっくり走っているので、それを追い抜き、
道路の端の高速バス停留所に停車した。

シ 「あァ… もう終わりや。」

絶望の淵に。

父 「しょうがないやろ…。確かに出てたから。」

母 「…。」

車内に重苦しい雰囲気が。

俺は、点数や罰金の額よりも、
自分が違反と言う汚点を残してしまったことが悔しかった…。

運転席に乗っていた警官が車から降りた。

そして、「点数」と「罰金」という言葉が
私の中で徐々に現実味を帯びてきた。

シ 「なんで俺やねん・・・ そんなに出してないだろ…。」

と、その時だった。

運転していた警官は後ろのほうへ歩き出した。
そして、パトカーの助手席に乗っていた警官が、
スピーカーでこんなことを言い始めた。


「我々が停車させたのは後ろの車です!
行って結構です!」



え…

ラッキーすぎる!!!

捕まったのは、覆面パトカーと見間違えた白いセダン。
捕まえようとしている最中に、
ちょうどいいタイミングで私の車がその現場にさしかかったのだ。

一気に笑顔の戻る車内。

あいさつがわりに、ハザードランプを光らせて
せっせとその場を立ち退いた。

それがあって以降、
俺の運転が一気にスピードダウンしたのは言うまでもないだろう。

でも、やましい事があったから停車したわけで、
それを理由に尋問されなくて助かった…と、
ダブルでほっとしてしまった。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2006 シンタロウのタワゴト, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。