上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その…なんていうかな、どう表現していいか分からないダスが、
無理やり一言にまとめてしまうと、ネタが無いってやつなんダスよ~。

シンタロウなんダスよ、こんばんはダスよ~。

ここ最近は、特に何も考えないで気ままにブログを書いてたダスが、
今日は何も考えない事に追い討ちをかけるように何も無いダスよ~。

気まますぎると、書く事も思いつかないほどだらけるダスよ~。

なんで今日は語尾に「ダスよ~」を付けるのかって?

内容が思いつかないから、ただ語尾で遊んでるだけダスよ~。

「ダスよ~」を付けると、本物のバカっぽく見えるダスよ~。


今日の投稿は、気を抜き過ぎだからランキングへのリンクは無し。
スポンサーサイト

友人にメールを打ちながら新快速電車から普通電車に乗り換え、
電車が走り出して数分経ったとき、
自分が女性専用車両に居る事に気付いてしまい、固まってしまいました。

シンタロウです、こんばんは。

いつもと違う空気を感じ取り、思わずメールを打つ手が止まってしまいました。

「あ、あのオッサン、間違えて女性専用車両乗ってるわ!ははは!」

って、他人が間違えて乗ってしまったときは笑い飛ばしていたわけですけど、
いざ、自分がその立場に置かれると、もう、硬直状態に陥りました。

車両の端っこにいたら隣車両にすぐ移れるんですけど、
ネタの神様は本当にいらっしゃるんですねェ…こんな時に限って

車両のど真ん中に立ってました。

変に慌てて移ってもおかしいし、変に動き回ってもおかしい。

車両の端までは10数メートル?遠い、みっちり遠い!

だからもう、観念して硬直状態!

しかし、こんな大惨事に陥っているのに、意外と冷静に自分の置かれた状況と対峙してました。

女性専用車両ってのは、かなり異質な空間に思えました。

帰宅ラッシュ時ということもあり、全ての座席は女性で埋まっている。

立っている人間も全て女性。

電車のど真ん中で唖然と立ち尽くすリーマン26歳。

正に、黒一点。

目をつむって硬直して自分の降りる駅まで耐えていようかと思いましたけど、
普通車両で全裸で立っているような恥ずかしさがあったので、
思い切って一歩踏み出して隣の車両に逃げ込みました。

異質空間、女性専用車両。

きっと、女性専用車両から出てきた俺を見て、
多くの方が笑顔になってくれたに違いない。(笑われてんだよ。)


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。


…という同年代からのご報告がポツリポツリと出始めました。

そんな歳になってしまったのでしょうか、私も。


関東方面での結婚式が立て続けにあるため、
今年は10月、11月と1回ずつ東京へ行くこととなりました。

既に7月に1回行ってるから、計3回になりますか、今年の東京遠征は。

…って、

東京に行った・行く回数を気にしてる場合では無い。

「結婚」とかそういうことに関しては、大幅に出遅れ気味、ん?いや、
現時点でスタート地点にすら立っていない私は一体どうすればいいんでしょう?

とりあえず眠いので、ゼクシィのCMのマネをして、
「ぱぱぱぱーん」とか言いながら眠りに就きたいと思います。


すいません、ネタがなくて。



↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

どうも、連休の5日目も終わりにさしかかり、
会社に復帰したらコピー機の使い方から教わらなければならないほど
退化してしまったかもしれません。

シンタロウです、こんばんは。

日曜の夕方と言えば、「さんまのからくりテレビ」でありまして、
この番組のタイトルコールが流れただけで、
「あァ、明日から会社かよ。」
と、ブルーになるかたも多いかと思います。

えぇ、それは私の大いなる偏見ではございますけども。

明日から会社か…なんて思いながら、なんとなしにみていたんですが、
この番組の企画の街頭インタビューで、秋葉原の映像が映っていました。

何気なく見ていたのですが、
インタビューされているおじちゃんの後方に、なんと、
私が引っかかった画廊が映っていたんです。

忘れもしない、7月16日。

せっかく秋葉原にいったのに、絵を一通りみて帰ってきたあの思ひ出。

一瞬映っただけなんですけど、映っていた店舗の看板から
その店の名前をメモし、ちょこっと調べてみました。

■ 店の名前は、「Galarie Brave」(ギャラリー・ブラーヴ)。

■ アキバblogによれば、どうもアキバに店が2つあるらしい。
  (ちなみに、私が入ったのはココの一番下のところ。)

■ この手の業者を、「エウリアン」というらしい。
  (絵売りとエイリアンをもじったもの。)

■ Wikipediaでエウリアンを調べた結果、全国各地に拠点を置いているらしく、
  遠い昔に私は京都・新京極で同じ業者にひっかかっていたらしい。

これらの情報を詳しく読んでみると、私の体験と一致する部分が多く、
「よく出てこれたな、俺。」と、自分でもビックリでした。

皆様も、各地の画廊にはくれぐれも気をつけてください。

ハガキとか受け取らないようにしてください。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。




店員 「いらっしゃいませ~。」

シ  「レギュラー満タンでお願いします。」

店員 「かしこまりました~。」



gasoline



ぐ… 

ぐはァッ…!!(吐血)

いいボディ・ブローを貰っちゃったよ・・・。みぞおちに…。

誰か、原油の高騰を食い止めてください。

私の飲み会(ワタミ)2回分を、車が食い荒らしてます。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

「冥王星が太陽系惑星から除外される」と言われましても、
そもそも「太陽系惑星」という概念自体、地球人が勝手に作ったものでありまして、
宇宙のチリごとき人間に突然、「降格」を告げられた冥王星が可哀想で仕方ありません。

宇宙のミジンコ、シンタロウです。こんにちは。

今日も主夫をしております。

といっても、夫ではないので、主息子というか、ハンカチ王子とでも言いましょうか。

昨日、会社から帰宅した父が、こんな私が家事をしていたことに驚き感心し、
なぜか祖母・親戚へ現状報告の電話をしました。

私をみくびりすぎていたのか、なぜか嬉しそうに電話をかける父。

こんな些細なことで何故か親戚全員に情報が漏洩してしまうこの親族って、
一体なんなんだろうと思いながら、九州弁で話す父の言葉に耳を傾ける。

父 「もしもーし!しめがいいの!」
   (訳:もしもし、元気か?)

父 「俺のおらんときによ、シンタロウが家事を全部やっちぇくれちょったつよ!」
   (訳:俺が会社に行ってる時に、シンタロウが家事を全部やってくれたんだよ!)

ふ、当然だろう、俺だってやれば出来るんだから。

父 「はよ帰って色々せにゃならんとおもっちょったつがよ、
   シンタロウが全部やっちょったから楽でエエわい!ありがてぇわ!」
   (訳:早く帰って色々しないと思ってたんだけど、
    シンタロウが全部やってくれてたから、楽でいい!助かったわ!)

そうそう、もっと言え、もっと。俺の株を高騰させろカツノリ。

父 「えぇ息子持って幸せばい!」
   (訳:良い息子を持って幸せだ!)

おいおい、照れるじゃないか。そうだ、もっと褒めちぎれ。

父 「ん? あァ、シンタロウの予定がいそがしねごつかと?」
   (訳:ん?あァ、シンタロウが色々予定あって忙しくないかって?)

ふふ… 家事くらいなら、朝飯前よ… 大丈夫だと言いたまえ!

父 「だいじょうぶげな!」
   (訳:大丈夫よ。)

うんうん、そうそう、そして、「今は夏休み中だから」と言え。


父 「オナゴもいねぇき、暇さこいちょるさい!」
   (訳:彼女もいないし、こいつ暇だから!)





向かい側の建物にいる狙撃チームに告ぐ。

余計な情報を各地の親戚に漏洩している九州男児が建物の南東位置にいる。

ターゲットを、直ちに狙撃せよ。

しかし、殺さず、生け捕りにしろ。拷問にかける。

*24の見すぎです。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

どうも、早稲田実業が優勝し、ワイドショーを色々みて、
「ハンカチ王子になろう。」と決意しました。

シンタロウです、こんばんは。

同級生で主婦になられた方々並びに全国の主婦の皆さん、ご苦労様です。

昨日、足にちょっとした手術を受けて母が退院してきました。

片足にギプスをしているため、家事が困難で買い物にもいけないということで、
夏休み中で怠惰この上ない生活をしようと思っていた私に
白羽の矢が立ってしまい、少なくとも金曜までは代役で主夫をやることになりました。

今日一日の活動:

・洗濯・物干し・乾燥した衣類・タオルの片付け
・食器洗い
・炊事
・食料品の買出し
・部屋の掃除
・母の手の届かないところにあるものを取る・動かす
・ゴミ処理
・24-twenty four-を見終わったのでPrison Breakを借りに行く

一人暮らしをしていたら、恐らくこれを毎日せにゃならんし、
恐らく世間一般の社会人の大半はやっていることなのでしょう。

でも、これを一家全員分、毎日やっている主婦はすごいと思いました。

尊敬に値する主婦の皆様に向け、
PCの前で小声で「Dear Woman」を口ずさんでさしあげようと思います。(要らない。)


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

やっと私にもきました、夏休みというか盆休みというか。

5連休です!!

何しようかな…

とか言ってる間に、終わってしまうのかもしれませぬ。(苦)

血液型推測ver.10とやらを、マイミク(mixi)のちいこりんが紹介していたので、
早速やってみました。

性格診断から、血液型を推測するというもの。

調査結果

A型度122%
B型度51%
O型度81%
AB型度107%

性格から見たあなたの血液型は
A型です。


ご名答。

もろ、A型ですよ、私。

さァ、あなたはどんな結果が出ましたか?



とまァね、サラっと連続投稿記録を断念。

シンタロウです、こんにちは。

最近、翻訳だのなんだの、仕事で英語使ってるわけですけど、
自分の英語力がどの程度のものか全くチェックしてなかったので、
いっちょやってみようと思います。

というわけで、私、シンタロウは、

9月24日のTOEICを受験します。

言っちゃった。

日曜の昼間から、どうでも良い事いっちゃった。

素の自分の英語力をチェックするとはいえ、
さすがに6000円も払っておいて全く勉強しないわけにはいかないので、
朝・夕帰りの電車で勉強しようと思います。

2001年に受けた時は860点。

翻訳にたずさわる者としては、せめて900点を突破したいです。

結果が良ければ、またご報告します。

良くなかったら、この投稿自体をもみ消します。(何で?)


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

生活習慣と体調管理には十分注意していたんですけど、
ついに、持病が発症してしまいました。

会社から帰宅するのは比較的早いので、
早めに対応していれば、こんなことにはならなかったはず。

正直、悔しいです。

どうして、もっと早く対応しなかったのか?

どうして、自分の持病のことを気にかけて生きれないのか?

持病が発症するのは分かっていたはずなのに、
どうして先週の土曜日、あんなことをしてしまったのか?

前回の発症から数回、発症してしまう危険がありながらやっても
発症しなかったから調子に乗ってしまったんだと思う。

恐い… 本当に恐い。

行くのが本当に恐い… 
でも、自分の持病と正面から向き合って、
俺は行かなきゃいけない。

きっと、悲惨な告知をされてしまうに違いないです。

でも、後悔ばかりしててもしょうがない。

なにがなんでも、明日はちゃんと行かなきゃならない。


このブログをご覧の皆さん、度々ご心配かけて申し訳ありません。

明日、勇気を振り絞って行ってきます。


TSUTAYAへ


24-twenty four-のDVD2本を返しに。


1泊2日のレンタルだったのに、7泊8日借りました。

結構な延滞料かもしれません。

持病って恐いですよね。

タイミングを逸してしまうと、発症してしまう。

ハァ… TSUTAYAで延滞料を伝えられるのが恐い。

重圧に押しつぶされそうです…。





ん、なによ?



↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

今日はこれから飲み会だけど、負けじと携帯から投稿。

こちら、現場のシンタロウです。

こんばんは。

JR京都線・茨木駅と摂津富田駅の間で発生した人身事故により、
若干、待ち合わせに遅れそうな雰囲気がでています。焦

どうしてこういう日に限って発生するのでしょうか?怒

以上、皆勤投稿に向けて現場で携帯から更新するシンタロウでした。

今日は、五山の送り火の日みたいです。

gozan


「みたいです」…というのは、今日が五山の送り火の日だという事を
家に帰ってから気付いたから、「みたいです」なんです。

祇園祭出征拒否といい、五山の送り火があったことすら忘れてた事といい、
本当に自分が京都人なのかすら、怪しくなってきました。

上の画像は、Googleのイメージ検索から拾ってきたんですけど、
なんと、驚くべきことに、

うちのベランダから見えるんです、コレ。

ほんとに小さくだけど、うちから見えるんです。

五山の送り火がやってることも、
家に帰ってベランダの外を見たから気付いたんです。

「どんだけ高いとこ住んでるんだよ、お前。」

って感じです。

ちなみに、ベランダからは京都タワーも見えてしまいます。

京都を一望できる絶景なベランダ…
でも、絶景がみれるとこって大抵、山奥・田舎かセレブなマンション。

自宅が前者であるところが、ちょっと悲しい。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

あれだけ注目されてたのに、なぜモーニング姿?

日本中が見守っていたんだから普通、
モーニング姿でもなく、羽織袴でもなく、


HG


むしろ、こっちでしょ?

戦犯フォーゥッ!!

ブッシュ大統領に、
「アイム・ピュア(純)イチロー!」
と言ってダダすべった男なら、これくらい朝飯前でしょう。

でも、国内外から批判の嵐まちがいなし。


今日は平日だけど、「韓のおしり」で飲んでたので、
投稿に覇気が無い事をお詫び致します。

靖国参拝で韓国・中国がピリピリしてた時、
僕らは辛いもの食べて肛門がピリピリしてたのさ。



↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

オヴォンヌ(お盆)真っ盛りというわけで、(盛ってるのか?)
私の会社のある大阪・淀屋橋は静まりかえってました。

そして、夜の繁華街、大阪・北新地も、人が居なくてガラガラでした。

毎日ビルの前に立っている弁当屋にも見放されながらも、
出勤してみました、シンタロウです。こんばんは。


先日、バス停で毎朝会う気になる娘の話を書きました。

性懲りもなく毎朝同じ時間のバスに乗っているので、
当然の如くこの娘に出会います。

あ、ちょっと待って、違う違う。

タイトルから推測して私とこの娘をリンクさせるのやめてね。

違うから。(焦)

相も変わらず、前に書いた通りの出で立ちで現れるこの娘。

しかし、ここ最近、ちょっとこの娘の周囲で異変が起こったようなんです。

なんと、

この娘に焦がれる男が現れたようなんです。



もう一度言っておきますが、

私じゃないですよ。



あれは、2週間ほど前の事でしょうか。

いつもの通り、何故か最前列で並ぶこの娘(以下、「つるべ」)の後ろで
バスを待ち、定刻にやってくるバスに乗り込んだんです。

そして、乗客が全員乗り込み、バスが発車するかしないか…という時に、
猛ダッシュで走ってくる男の子がいました。

男 「のりまふ!のりまふ!!!」

無理やりバスに乗り込んだその男の出で立ちは、

● 異様に天然パーマでボサボサのロン毛
● ヤセ型・身長役160cm
● 白Tシャツの上になぜか黒いメッシュの袖無しシャツ
● 下はジャージで、
● ブランド名が不詳なスニーカー。

おおっと、

なんかわかんないけど、すごいキャラです、あなた!!

男 「フシュー… フシュー…」

よっぽど急いで走ってきたのか、肩で息をしながらバスの前方へ歩く。

この地域にも、なかなかのキャラクターが潜んでいたんだな…
なんて、ちょっと彼を観察すべく見ていると、
なんと彼は、つるべの元へ。

なぜか、つるべの後方で一旦立ち止まり、身だしなみを整える。

そして、

男 「あ、ふぉ、ふぉふぁふぉー。」(あ、お、おはよう。)

つ 「ん、あ、おはよー。はーはーイウテルヤン!はははは!」

男 「ふぃふぃふぉふぉふぉふぁふふぁっふぁんふぁふぇ!」
   (君もこのバスだったんだね!)
*以下、通訳します。

つ 「せや、ははははは!」

男 「となり、すわってふぃーふぃー?」

つ 「これ、一人席やしそっちすわり。」

男 「うん。」

一人席かどうかくらい、みりゃわかるだろう?

でも、なんか知らんけども、お友達がいるようだね、つるべ。

この日は、それ以上なにもなく、ただ、
「友達なんだ。」くらいに思って見ていた。


そして、翌日。


いつもの如く、つるべの後ろに並び、バスに乗り込むと、
また、その男が遅れそうになりながらバスに飛び込んできた。

乗り込むやいなや、あたりを見回し、
明らかにつるべの位置を確認していた。

ゆっくりと前方へ歩いて行く男…

ウォークマンを聞きながら窓の外を見つめるつるべ…

つるべの後方1メートルあたりで立ち止まる男…

それに気付かないつるべ…

またもや、身だしなみを整える男…

ずっと、窓のそt運転手 「お客さん、吊り革につかまって下さい。」

男 「あ、すいません。」

慌てて後ろの席にすわる男。

笑いを必死で堪えるシンタロウ。

何が起こったのか後ろを振り返り、男に気付くつるべ。

つ 「あっ!おはよう。」

男 「あっ!おはよう。偶然だふぇ!」

いや、俺から見たら必然に見えるけど?


この男は、恐らくつるべと同じバスに乗るべく、
ちょっとタイミングをずらして、最後の最後にバスに乗り込んでいる。

そして、ちょっとつるべに気があるに違いない。

それを隠しながらも、徐々に近寄ろうとしているのではないだろうか。

これを、「のつぼみ」と呼ぶべきか、それとも、

ストーカーの火種と呼ぶべきか。



その後、この2人のこんな光景を度々目撃する。

面白そうだから、もうちょっと観察してみようと思う。



↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

え、BONNIE PINKとBENNIE Kって、別人だったの!?

昨晩ふと、最近の音楽の流行に乗り切れていないことを実感しました。

シンタロウです、こんばんは。

音楽の流行に乗り切れていた時期があったかどうかも、微妙ですけど。


一応、ただいま世間はオヴォンヌというわけで、
滅多に会わない祖母と、叔母及び母上の運転手役として、
日帰りで近江八幡にある休暇村へ行ってきました。

ビーチあり、キャンプ場あり、温泉あり、宿泊施設ありと、
いろいろと揃ったこの休暇村で、近江牛会席コースを食らいました。

すごいです、近江牛。

甘いというかなんというか、肉の良し悪しなど全く分からない私でも、
「この肉は違うよね、なんとなく、みたいな?」
てな感じで、近江牛だと知っていながらのコメント臭いことを言いながら、
堪能しまくりました。

すばらしい、近江牛。

京都から約1時間半くらいで行けてしまうところが、これまた素敵。

さすがに今回は、祖母がいたのでビーチは無理でしたけど、
ビーチ→近江牛→温泉なんていう、
フルコースが6000円くらいでいけてしまうこの休暇村。

ぜひ、近畿にお住まいの方は行ってみるヨロシ。

祖母も大変ご満悦で、オヴォンヌになかなかの祖母孝行ができました。


でも、ちょっぴり悲しいことが。

私と叔母さんが、それぞれ温泉に入り、
母と祖母の待つロビーに戻ってきたとき、衝撃の事件が。

シ 「すごいな、ここの温泉は。」

母 「そやろ。なかなかやろ。」

祖母は、不思議そうな顔をして私を見ながら、母にこう問いかけた。

祖母 「このお兄さん、知ってる人か?」

母・シ 「!」


ちょっぴり痴呆の入ったお祖母ちゃん…。

朝からずっと一緒だったじゃない…。
 
僕だよ… ベッキャムだよ…。


私が幼少の頃に亡くなった天国のお祖父ちゃん、見てる?

僕の往復3時間という運転並びに祖母孝行、
お祖父ちゃんは見ててくれたよね?

貴方の奥様はキレイさっぱり忘れておいでですけども。


ま、いいか。

脳と言う記憶手段ではなく、祖母のハートに届いていればそれでいい。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

「中途半端なことをしてしまって、
 その事が気になって気になって眠れない。」

このブログを読んでる皆さんには、
そんな経験はないだろうか?

今日、ほんとに後悔してしまうようなことをしてしまいました。

もうそのことが気になって気になって、
今夜は眠れそうに無いです。

今日の夕方5時頃、DVDでも借りようかなと思い、
TSUTAYAに行ってきたんです。

目を引くような熱い洋画も無かったんですが、
このまま手ぶらで帰るのもなんだしな…
と思いブラブラしていると、
24-twenty four-シーズンIVのコーナーを見つけました。

「そういや、シーズンIIIまでは見たけど、
 IVは見てなかったな…。」

シーズンVも出るみたいだから、見てみようかな…
と思い、思わず手を伸ばしてしまいました。

とりあえず、今日と明日は見る時間も限られてるので、
DISC1と2を借りて、さっきまで見てました。

いやァ、失敗しました。

なんで中途半端に1と2だけ借りたんだろう。

続きが気になってしょうがない。

こんなことなら、全部借りればよかった…。

あー… ほんと後悔。

今夜は眠れそうにないよ…。



ん、なによ?



↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

神様、この鬼畜生に、ご慈悲を。

今朝、いつもの通りバスの最後尾の座席でふんぞり返ってたんですが、
前回と同じバス停留所で、
またもや私は「バスに乗ろうと必死で走る人間を無視する」という
ビッグな罪を犯しました。

今回は、停留所の約200m手前あたりから、
必死で走るおじさんを見つけてはいたんですけど、
またもや無視をしてしまいました。

「バスに乗りたい。」

この純粋な気持ち一つを力にして
老体にムチを打ちながら走るおじさんを、無視しました。

おっさん、ごめん。

でもね、今回はバス停で立ってた10人くらいの人間も、
おっさんが走ってきてることに気付いてたんです。

バスが停まった時も、皆の注目の的はバスよりも
遠くから必死こいて走るおっさんでした。

バス停に居た全員が乗り込んだ後、
運転手が「発車しまーす。」の掛け声をかけたんですが、
皆、無視してたんです。

バスに乗り込んでからも、皆、
走ってくるおっさんが気がかりで後ろを振り帰っていました。

必死で走るおっさんを見ながらも、
皆、黙ってうつむいてたんです。

そして、サヨナラバスは無情にも
おっさんを残して走り出しました。

次の停留所で待つ君を迎えにいくために。

「赤信号、皆で渡れば恐くない。」

幼稚園の時に教わったこの言葉が、
純粋なおっさんの気持ちを踏みにじるという
悲惨な結果を生んだ瞬間でした。

アディオス、おっさん。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

とある、友達とのメールのやりとり。

友: なァー、聞いてやー!今日な、道あるいてたらな、
   わたしの頭の上に鳥のフン落ちてきてん!
   ひどくない!!?世の中こんなにも広いのに!

シ: (笑) 普段の行いが悪いからちゃうか?
ピンポイントで鳥のフンが落ちてくるとは、
   よっぽど何かやらかしたな。笑

友: ほんまに、屈辱的やわー!
   それに、腹たつわー!あんたと鳥!



おい、28歳婦女よ、よく聞くが良い。

君の被った鳥のウ○コ攻撃など、
この混沌とした世の中では十分にあり得る事なのだよ。

君よりもっと屈辱的な目にあっている人間は、たくさんいるのだよ。

ココに。

君のメールを読み、高らかと笑い、
「普段の行ないが悪いから、そういう目に遭うんだよ。」
的なことを言ってしまったが、

俺なんて、

セミにおしっこかけられたんだよ。

しかも、

顔面に。

君なんて鳥類だからいいじゃない。

こちとら、

排泄機能が備わっているかどうかも怪しい、
昆虫ごときに排泄物をかけられてるんだよ。

世の中、下には下がいるものよ。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

今年の春、ワシントンの桜の写真を送ってくれた
Mr. Yabeより、今度はニューヨークの写真が届きました。

newyork01


newyork02


newyork03


面白そうだな~、ニューヨーク。

家族でただ一人ニューヨークに行ったことがないという私。

一回くらい、行ってみたいもんです。

無意味にイェロー・キャブに乗ってみたいもんです。


Thank you for your cool pics of NY, Mr. Yabe!


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

「お客さんから、差し入れがありましたー。」

と言われ、ふとデスクの上を見てみると、

そこには、タマネギが1つ。

皮のついたままの… 

あの、農作物のたまねぎが、私のデスクの上に。


「そうそう、これこれ!
 やっぱり、神経を使う仕事だからさ、
 疲れた時にはほっと一息ついて、
 紅茶でも入れてさ、甘ーいタマネギでも…」


って、食えるかバカヤロッ!


お客さん、次回は、加工されたスウィーツをお願いします。

仕事中に生まれたままの大地の恵を持ってこられても、
大型草食動物でもない僕には、荷が重過ぎます。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

どうも、夏休み3連休+土日休みという
予定を月末に入れたはいいが、
A4で30ページという特許明細書をその休みまでに
2件翻訳せねばならず、ココが頑張り時と張り切ってます。

シンタロウです、こんばんは。

今朝、俺ってホント鬼だなと、
つくづく感じてしまいました。

いつもと同じ時刻のバスに乗り、新聞読みながら
だら~りだらりとバスの最後部でくつろいでたんです。

最後尾は他の席よりも高い位置にあり、
エアコンがダイレクトで当たり、かなり涼しい。

しかも、自分でエアコンの向きをいじれるから、
もう、この猛暑には絶好のポジショニングなわけです。

そんなこんなで、快適な通勤タイムを過ごしていました。

とあるバス停留所でバスは停まり、数人の乗客が乗ってきました。

その停留所で待っていた全員を乗せた後、
バスはゆっくりと走り出した。

…と、その時でした。

バスの長手方向から左90度あたりから、
こちらに向かって走ってくる40代かと思われる
おばちゃんの姿が見えた。

恐らく、最後尾に座っていた私のみに見えていたおばちゃんの姿。

このバスに乗るために一生懸命走っていた。

おばちゃんは、バスの運転手の気を引くべく、手を振っている。

しかし、バスの運転手からは絶対に見えない角度。

しかも、私からしか見えない角度。

最後尾に一人ポツンと座っていた私は、
おばちゃんと目があったように思えた。

おばちゃんは、「バスを止めてくれ。」と言わんばかりに
こちらに向かって手を振りながら走っていた。

ほんとに、数秒の出来事だった。

どうする… 俺…。

「運転手さん!停めてください!あと一人走ってきてます!」

本来なら、こう言っておばちゃんを乗せるべく動くべきなんだろうが、
この俺ときたら、

何も見なかったかのように、うつむいて座った。

バスは普通に走り出し、
悲しくも一生懸命走っていたおばちゃんは、力尽きて立ち止まった。

すまん、おばちゃん…。

バスってのは、定刻どおり発車して、
他の客を定刻どおりに乗せてこそ、バスなんだ…。

一人の人間より、多数の利益を考慮するのがバスなんだ…。

走り出したバスの後部を振り返ると、
おばちゃんはポツンとバス停に立ちすくんでいた。

「すまん、うちじゃ飼ってやれないんだ…。」

可哀想に思って拾ってきた子犬を、
家庭の事情から遠くに捨ててきたような気持ちになった。

すまん… 俺が立ち上がって主張すればこんなことには…。

「己は鬼か?」

バスに乗っている時、己を責めまくったが、
会社についたときにはコロリと忘れていた。

でも、自分も過去においてけぼりにされた記憶が、
せめてもの救いだった。

定刻通りに立ってない奴が悪い。

…こう、簡単に割り切れたらいいのに。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

今日、小学校時代からの友達から結婚式の招待状が届いた。

その友達は、シンガポール日本人小学校の5、6年生時と
シンガポール日本人中学校1年の時にクラスが一緒で、
小学校の頃やってたソフトボールチームでも戦友だった。

帰国してからも、大学時代は時々遊んでいたし、
卒業旅行にシンガポールにも一緒に行った大親友だ。

お相手は、中1の時に同じクラスだった子。


もちろん、出席だろ、コレは!


…と、すんなりいきたいところなのだが、
ちょっとした問題が発生。

招待状に付いてくる返信用のハガキなんだけど…

invitation


これって、何か書き方に作法あったよね?

ほら、一般的に招待状に対する返信をする際の作法。


なにをどうするんだっけ?


恥ずかしながら、こげなもの受け取ったの初めてなんだ。


まァ、それは何かしら調べたら住む話だ。

ちがう、そんなことが問題じゃ無い。


問題は、ここでボケるべきか否か?ということだ。


彼は昔から、私にボケを求めてくる。

「シンタロウ、そこはボケていかなあかんわ。」

昔、彼が常に言い続けてきたこんな声が脳裏をかすめる。


この返信ハガキでボケていくべきなんだろうか?

それとも、

真面目に作法にのっとって返信すべきなんだろうか?


どちらが正しい選択なんだろうか?


① ボケれば社会人としては不正解、でも芸人としては大正解。

② 真面目に応えれば社会人としては大正解、でも芸人としては不正解。


まァ、私は芸人じゃ無いから②でいいんだけど、
彼は私に①を求めているような気がしないでもない。

かといって、おもろいボケも浮かばないので、②で行こう。



↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

…って、アメリカに旅立つわけじゃありませんよ。

シンタロウです、こんにちは。

4月11日の投稿で、アメリカ版mixiみたいなもので
英語のブログを書いてみようとか言ってみましたが、
ものの見事にほったらかしてしまい、
全く書く意欲が無くなっちゃいましたので、
今回はちょっとテーマを決めて、bloggerっていう
Googleがやってる?ブログで再・米国デビューしてみました。

http://shintaro-japan.blogspot.com/

タイトルは、"shintaro's life in Japan"(シンタロウの日本生活)

コンセプトは、「リアル・ジャパン」ってことで、
ガイドブックとかではいちいち紹介しないであろう事柄を
英語で紹介していきたいと思います。

仕事でやってる翻訳のみならず、
普通の、くだらないことを英語で紹介することで
最近落ち気味の自分の英語力に刺激を与えたいと思います。

ま、もう一つの目的は、
いわ兄との野望に向けたファースト・ステップです。

続くかどうか分かりませんけど、一種の脳トレ程度にやってみます。

若干、英語表現が分かりにくいとは思いますけど、
読んでみてください。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

亀田vsランダエタの試合をHDに録画してたので、
もう一回見てみたんだけど、
亀田のガードは固かったし、
パンチも的確に当たっていたように思った。

だから、今の僕は亀田の勝利が正当だったと思う。

あの試合を録画していた事と、
それを再度チェックしたこと並びに
「素人のお前のオピニオンなんてどうでもいいんだよ。」
って感じの浅いコメントをしてみた自分に対し、
遺憾の意を表明いたします。

シンタロウです、こんばんは。

もう、8月ですよ?早くない?

例年の如く花火とか行ってないんだけど、
あれって、行かなくてもいいんだろうか?

海には1回行ったんだけど、
もっと行かなくていいんだろうか?

祇園祭の真っ只中に東京にいたんだけど、
このまま京都人を気取っていてもいいんだろうか?

ボーナス余ってるんだけど、
液晶テレビを買ったらいいんだろうか、
それとも、プラズマテレビを買ったらいいんだろうか?

社会人の弟が「5千円貸して。」とか言ってるけど、
寝ている間に奴の財布から1万円抜いて5千円貸すとか、
ちょっと冒険してみてもいいんだろうか?

そんなこんなを考えている間に、
知らない間に夏が終わってしまう気がする今日この頃。

眠い。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

あァ、ほんっと、面倒くさい。

細かくは言えないが、
最近、というかココ数年、
職場でマイペース&スローペースな爺さんの世話してる。

耐えに耐えてきたが、もう限界。

ほんっと、イライラする。

なんで俺が老人介護なんかせにゃならんねん。

ほんとに、イライラする。

あと数ヶ月の辛抱だ、頑張ろう。


なんて具合に、
ブログを愚痴の掃き溜めに使うのはやめましょう。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

… うーん…

なんか、違う。

ジャッジとか、見る人が見たら違うんだろうけど、
どうもランタエダの方が余力が有り余ってた気が
するんだけどなァ…?

KO勝ちとかしてくれると思ったんだけど…。

世界戦ってのは、素人目には分からないところで
勝敗が決するものなのだろうか?

でも、親父の腰にベルトを巻いたときは、
なんか、ジーンと来た。

こんどは、日本人を倒して防衛してほしい。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。

どうも、ゾウさんよりアリさん派のシンタロウです。

こんばんは。

先日、というか土曜日に海へ行ったとき、まいっちょから
「絶対笑ってはいけない温泉宿1泊2日の旅」のDVDを借りました。

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 5 浜田・山崎・田中 絶対笑ってはいけない温泉宿 1泊2日の旅 in 湯河原 ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 5 浜田・山崎・田中 絶対笑ってはいけない温泉宿 1泊2日の旅 in 湯河原
ダウンタウン (2005/06/29)
アール・アンド・シー

この商品の詳細を見る


これは、ダウンタウンの「ガキの使いやあらへんで。」の
罰ゲームの1つをDVD化したもので、
ダウンタウンの浜田、ココリコの田中、山崎邦生が
温泉旅行へ行くというもの。

ただの温泉旅行ではなく、その旅の途中で笑ったりしたら
その都度、ハエ叩き状のムチでひっぱたかれるという罰ゲーム企画。

この番組は、放送時にHDレコーダーで録画をしていたんですが、
なぜか私の住む地域は10チャンネルの映りが最悪で、
ノイズが入りまくってしまい、見るのが非常に困難な状態にありました。

今回、このDVDを借りることができ、
やっと綺麗な状態で見ることができました。(約2年ぶり?)

松本人志、遠藤章造が色々な笑いを3人に仕掛けまくってるんですが、
やっぱり、私のお気に入りは

ダイナマイト四国。

ダイナマイト四国は、ココリコの遠藤扮する覆面レスラー。

この旅の途中に、数回出てくるんですけど、地味に面白い。

決めポーズは、小川直也の「ハッスル!ハッスル!」をちょいパクった、
「四ッ国!四ッ国!」
田中と同じく、変にツボに入ってしまいました。

YouTubeで動画を見つけたので、ちょっこすアップしてみます。

**音が出て困る方は、イヤホンをお付け下さい**

dynamite-shikoku01

<Dynamite Shikoku at Yugawara station square>
動画を見るには、ココをクリック。

dynamite-shikoku02

<Dynamite Shikoku in the temple>
動画を見るには、ココをクリック。

他にも、色々な笑いが詰まってるので、ぜひ、
借りるなりなんなりして、見てみてください。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 シンタロウのタワゴト, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。