上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社の帰り、いつもの7、8番ホームで電車を待っていると、
突然、こんなアナウンスが流れて来ました。

「電車の撮影のために△△ホームにおられる
 鉄道ファンの皆様にお知らせ申し上げます。
 大変危険ですので、黄色い線の内側にお下がり下さい。」

ん?ちょっとまて、今、なんて言ったんだ…?

聞きなれないアナウンスに動揺を隠せない私。
流れた瞬間は分からなかったが、「ネタの匂い」を
感じた私は、「もう一度、このアナウンスが流れないか?」
と、コーヒー片手にタバコを吹かしながら待っていた。

「繰り返し申し上げます。
 電車の撮影のために△△ホームにおられる
 鉄道ファンの皆様にお知らせ申し上げます。
 大変危険ですので、黄色い線の内側にお下がり下さい。」

で、で、「電車の撮影のためにホームにおられる鉄道ファン」!?

これってもしかして、短縮すると、

電車オタク!?

もとい、

電車マニアの皆さん!?

JR西日本も、かなり遠回しなネーミングを思いついたものです。
「鉄道ファン」って、ちょっと響きが良いではありませんか。
いや、良くは無いけど、ストレートに「電車オタク」と呼ぶよりは、
よっぽど良いし、世間一般でいう○○ファンと同じレベルにまで
昇華されてしまっているではありませんか。

いや、電車オタクが悪いなんて言いません。
一つの事に没頭できるなんて、良いことだと思います。
でも、これまで私の見てきた電車オタクさん達は、

どこか異様な雰囲気を放っておられたのです。

しっかし、JRの職員もオーバーなアナウンスをするもんだ。
一人や二人の鉄道ファンの方々が、
ちょこっと黄色い線をはみ出してBEST POSITIONをキープしているくらいで、
マイクを使ってアナウンスするなんて、ほんとオーバーですよ。

なんて、軽い気持ちで、その鉄道ファンの皆様がおられる
△△番ホームを見てみました。





絶句。

2,30名を超える、いや、

3,40名を超えると思われる「鉄道ファン」の皆様が、
横一列でカメラを構えてました。


すごいです、絶景です。
ここまできたら、もう「報道陣」にまで昇華されてました。
すんごい数です。

JR西日本のアナウンス担当の方、
「オーバー」だなんて言ってごめんなさい。
はっきり言って、危険です。

いや、やってきた電車に撥ねられるとかいう危険さじゃなくて、

ファインダーの奥に潜むギラギラした視線が、
痴漢そのものっぽかったです。

せめて、黄色い線より後ろにさがりましょう。
好きなのはわかるけども。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。
スポンサーサイト



怖いですよねー。去年SLが期間限定で復活した時、たまたま同じ時間帯に違う列車に乗ってて同じ光景を目のあたりにした事があります。い、異常でした・・・
【2006/03/28 22:00】 URL | りり #-[ 編集]
>りりさん
SLの期間限定ときたらもう、
マニアの皆様はいてもたってもいられないでしょうに…。
貴重な現場を目撃されましたね!
私も、写メ画像でお送りしたかったんですが、
なんせカメラの多いこと。逆に撮られないか心配で。(無いですね。)
【2006/03/28 22:16】 URL | シンタロウ #-[ 編集]
さすがのシンタロウ君でも写メは出来なかったか。是非今度は成功していただきたい!
【2006/03/29 00:49】 URL | サカタ #-[ 編集]
430人って、、
多おっ!
かなり笑ってしまいました><

しかし、なんでシンタロウ氏の元には
こんなおもろいネタがふってくるのか。。

もはや神ですよ!
【2006/03/29 02:15】 URL | 真i #-[ 編集]
>サカタさん
えぇ、写メ出来ませんでした…。
映画「英雄-HERO-」でジェット・リーが
秦の始皇帝の城に乗り込んだ時のような状況でした。
すんごい威圧感。

>真iさん
あ… ちょっと書き方紛らわしかったかも…。
30人~40人という意味だったんですが、
真iさんに笑って頂けたなら、OK!!
【2006/03/29 05:51】 URL | シンタロウ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 シンタロウのタワゴト, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。