上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前々から気にはなっていた、キングコングを見てみました。

kingkong


あらすじ:
30年代。製作途中の映画を打ち切られそうになった監督デナムは、映画を完成させるため今までにない冒険映画を撮るため、海図にも載ってない“髑髏島”を目指す。だがそこは死に絶えたはずの恐竜や巨大昆虫、巨大なゴリラ(コング)が住んでいる島だった。しかも女優のアンが原住民にさらわれ、コングの生け贄にされてしまうのだった……。
(Amazonレビューより)

ジュラシック・パークにゴリラ投入って感じでした。

この映画とりあえず「長い!」って感じでした。
全部で3時間くらいあり、「もう、ええし!」って感じでした。

話の流れは、若干、ジュラシック・パークに似てるような気がしました。

「でっけェゴリラを捕まえたぞー!」

「でっけェゴリラを都会に運んできたぞー!」

「でっけェゴリラが逃げて暴れてるぞー!」

「でっけェゴリラをなんとかしろー!」

といった流れで、
ジュラシック・パークIIもこんな感じだったような。

面白いともなんとも言えないので、コメントは控えめです。

でも、迫力はあったかと思いますので、一応、オススメかな。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。
キング・コング 通常版 キング・コング 通常版
ナオミ・ワッツ (2006/05/25)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト



映画館で予告観て、すごい観たかった映画やわー
でも、公開されてから全然話題になってなかったからイマイチなんかなぁと思っててんけど、やっぱそうか…
【2006/05/27 18:51】 URL | akkobyon #-[ 編集]
>akkobyon
全部貸し出し中・・・ってほど人気があるわけでもなかったみたいよ。
CGはすんごいなと思ったけどね。
【2006/05/28 11:44】 URL | シンタロウ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 シンタロウのタワゴト, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。