上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-前回のお話-
http://shintaro1979.blog33.fc2.com/blog-entry-224.html
カテゴリー:「逃亡者シリーズ」

個室にドン・キング(以下、ドン)と2人っきり。

ドンはじーっと履歴書を睨み付けながらも、
終始穏やかな様子で時給(なんと950円!)や条件の話をした。

ドンの話によれば、今回の募集は、年末の繁忙期へ向けて
ホールを養成して乗り切るための増員だという。

そして、面接の最後に、
ドンは最後にこんなことを言った。

「まぁ、最初は怒られたりするかもしれんけど、
 バイトやと思って割り切ってやってくれるか?」

そら、出来が悪かったら怒られるのは当然だろう…
そんな事を思いながら私は帰路についた。


数日後、ドンが携帯に電話をしてきて、採用すると言ってきた。
新しいバイトで期待が膨らむと同時に、
どうも嫌な予感がつきまとって仕方が無い。
「まぁ、最初は怒られたりするかもしれんけど、
 バイトやと思って割り切ってやってくれるか?」

脳裏から離れなかった。


中納言でのバイトの初日、指定された時間に店に行った。

店の中からドンがやってきた。やってくるなり、

ドン 「おぉ、よう来たな。これ、制服やし、着替えて来い。」

おおっと、面接の時と態度が豹変してるではありませんか。

シ 「あの、更衣室はどこですか?」

ドン 「トイレの横の扉開けてみろ。更衣室や。」

おおっと、ちょっと、ぶっきらぼう?

言われたとおり、トイレの横にあった扉を開けてみた。

… と、そこには、恐るべき光景が。

2畳程度の、正に物置きと言っても良いくらいの
小さな部屋にロッカーがズラリ。
そして、そこには休憩中の厨房のオッサンが
2、3人寝転んでいた。

あまりの驚きに、いや、見たことも無い光景に驚き、
声も出なかったが、最初が肝心なので、
とりあえず中に入ってご挨拶を。

シ 「きょ、きょ、今日から入りました、ホールのシンタロウです。
   よ、よろしくお願いします。」

おっさん1 「ん…?あぁ、よろしく。」

おっさん2 「あ、よろしく。あのな、どうでも良いけどな、
        テレビ見えへんやんけ、ゴルァ!!!

シ 「す、すいません。」

なんだ、なんなんだココは…。
正に、地獄絵図と言ってもいいくらいだ。

とりあえず、言われたとおり、制服を着て店内へ。

制服は、海をイメージしてか、水兵さんみたいな格好。
肩に肩章ってやつがついてて、
1本線が入ってた。なんだろう、これは?

とりあえず、中に入ると、ドンが一人の男を連れてやってきた。

ドン 「今日は、このオオニシが指導するから。」


で、出た…


asei


寺内貫太郎こと…(古ッ!) 小林亜星!!!(似)


シ 「お、おはようございます。シンタロウです。
    よろしくお願いします。」

オオニシ 「あん?もっぺん言ってみろ。」

シ 「お、おはようございます。シンタロウです。」

オオニシ 「そんな挨拶で… 
      やってけると思ってんのか、ボケがッ!!

なんなんだよもぅ…。なんで怒ってんだよ…。
小林亜星似のくせに、気性荒すぎだよ…。

オオニシ 「おまえ、ちょっとコッチこいや、こら!」

えェ… もう、めんどくせェな…
てか、なんで怒ってんだよ…。

何で怒られたのか、全然よくわからないが、
とりあえずオオニシは、私を個室に連れてった。

個室に入り、ドアを閉めるなり、オオニシは吠えた。

オオニシ 「おまえな、コラ。バイト気分もええかげんにせェよ、コラ。」

バイト気分も何も…
バイトで入ったんだからしょうがないだろ…。

オオニシ 「最初が肝心なんじゃ、えェこら?
      ここではな、チームワークが大切なんじゃ。
      しょっぱなから、よろしくお願いしますとかほざいてんな、ボケ!」

言ってる意味が全く分からなかったが、
意味の分からないことで怒られるのもシャクにさわったので、
一発、ガツンと言い返してやった。

シ 「うっせェ、デブおやじ!すいませんでした。」(!)

とりあえず、血の気の多いバカは、
したてに出て謝っておくのが一番、うん。

オオニシ 「分かったらそれでええんじゃ。」

単純なデブめ…。
なんにも分かってないけど、とりあえず難は逃れた。

オオニシ 「今日から当分、俺がオマエを鍛えなおしてやるからな。
      覚悟しとけよ、ボケが。」

ボケとかうんぬんがダイスキなやっちゃな…。

オオニシと2人っきりで緊張の走る
個室の中で、面接の時に言っていた
ドンの言葉がフラッシュバックしてきた。

「まぁ、最初は怒られたりするかもしれんけど、
 バイトやと思って割り切ってやってくれるか?」


バイトだと思って入ったんだけど、「バイト気分か、コラ!」
って、挨拶して数分で怒られたんだけど?

もうやだよ、

帰りたいよ、ママン。

とりあえず、気の済むまで続く。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。
スポンサーサイト



もしかしてトラウマ?でも続きが、とても楽しみです
【2006/06/21 22:12】 URL | りり #-[ 編集]
>りりさん
トラウマというより、
こんなにバイトに罵声を浴びせる飲食店も
珍しいので。w
【2006/06/24 14:35】 URL | シンタロウ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 シンタロウのタワゴト, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。