上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログを欠かさずチェックしてくれる方々、
そして、何らかのきっかけでココに初めてたどり着いた
皆様に、こんなことを問うてみたい。

「時間を遡りたいと思ったことはありますか?」

時間の長短は、人それぞれでいい。

例えば、

・中学校や高校の時、もっと勉強しとけばよかったなァ。
・スポーツでも何でも、幼少の頃から、
  何か1つの事に熱心に取り組んで極めたかったなァ。
・あァ、あの時こうしてれば、こんな結果にはならなかったのに…。
・昨日ココを勉強しておけば、今日の試験は上手くいったはずなのに…。

時を遡りたいと思ったことのある人の
その理由は、それぞれ違い、
遡りたい期間に長短のあるものだと思う。

今日の私は、これまでに感じたことの無いほど、
「数十分前に戻りたい。」と、思った。


それは、今朝バスに乗って数分たった時の事だった。


う… く… 苦しい…。
ゥ・・・ く… くはァ… はァ、はァ…。
誰か助けてくれ…。い…息が… 息が…



普通、バスに乗っていてこれほどまでに苦しむ人がいようか?


くそ… 苦しい… 耐えられない…
でも、身動きがとれない… 動けない…
はァ・・・ はァ… 息したくない…
だれか、… だれか窓を開けてくれ…
ギブミー・フレッシュ・エアー…!!



まさか、バスに乗っただけでこんなに苦しむことになるとは。


う… く… 頭痛がしてきた… うく…
ダメだ・・・耐えられない・・・
でも・・・どうすることもできない・・・。



バスに乗って数分経った頃、とある停留所でバスが止まり、
また走り出したとき、俺はこの、とてつもない苦しみに襲われた。

なぜ、こんな苦しみに襲われたのか?

それは、バスがとある停留所で停車し、
乗客を乗せた時に起こった。

今日は雨の日ということもあり、
私より前の停留所で乗ってきた乗客が予想以上に多く、
私はいつもとは違い、2人席の窓際に座っていた。

その停車した停留所で、
とあるヒョロヒョロの若者が俺の横に乗ってきた。

その、私の横に座った若者の…

口臭がえげつない臭いを発していたのだ。

衝撃的な口臭だった。

いや、「衝撃的」なんて言葉で片付けていいはずがない。

とにかく、ドラクエの「さくせん」で例えれば、
「ガンガンいこうぜ」的な恐れを知らない臭いを発していた。

おめェ、何食ったんだ、昨晩か今朝?

目に見えないものが体を蝕み、やがて死に追いやる感覚。

もっと具体的なものに例えるなら、
生物兵器とか、放射能とか、サリンとか…

とにかく、言葉では言い表せないほどの激臭。

しかも、俺は窓際で、奴(発信源)は通路側。

隊長、身動きが取れません!!

隊長 「ランボー、もうちょっとの辛抱だ!」

言うテル場合かってくらい、もう限界に近かった。

しかし、この状況下で、俺に何ができようというのか…?

「いつもと違う席なんか座らずに、立っておけば良かった。」

私は、こんな後悔の念にさいなまれた。

「戻れるものなら、バスの座席に着く前の時間に戻りたい。」

これまで思った以上に、「時間を遡り、正しい選択をしたい。」と思った。

しかし、現実に目を向けると、
後数十分はこの状態が続く予定。

耐えられるかわかんないよ、ママン!

結果を見て、過去に戻ってその原因を回避するなんてことは
到底不可能なことであり、
この結果は、無念ながらも受け入れるしかない。

結果と原因が覆せないのならば、
これからの行動でこの状況を脱する以外に術はない。

とりあえず、こいつが俺の目的地であるJR長岡京駅に着く前に、
手前の阪急長岡天神駅で下車することを祈ってみよう。

・・・ きたぞ・・・ 長岡天神駅・・・
徐々に降りる人は立ち上がる・・・ 降りるかこいつ・・・
っていうか、降りてくれ・・・ 降りてくれ・・・

長岡天神で客を降ろした後、バスは走り出す。

俺の隣には、まだ「ある意味芳香剤」が座ってる。

NO~~~~~~!!!降りなかったのかよっ!!!

やばい、やばいやばい、こいつも向かってる駅が同じ。

なんでこいつ、こんなにも強烈な口臭を放ちながら、
普通に座ってられるのだ?

はッ… そうか…

フグは自分の毒で死んだりしないよね。

それに、

ジャイアンは自分の唄で失神しないよね。

説得力があるか無いかわからないが、
とりあえずこの男は、
己の口臭が「臭度計」を振り切るほどの威力を持つことに
恐らく気付いていないのであろう。

俺は、必死で考えた。この身動きのとれない状況を脱する術を。

そして、考えついたのが以下の通り。

① とりあえず、「貴様、口臭がえげつなすぎるので死刑!」と言い放つ。

② その場で中腰で立ち上がり、ケツを奴の顔面に向け、
   6.1chドルビー・サラウンドも真っ青な轟音で顔面に放屁する。

③ こいつを殴り殺して、俺も死ぬ。

④ 武士の心を思い起こし(?)、ひたすら駅まで耐え抜く。


6年前に成人式を終え、成人と化していること、
そして、いまやいっぱしの社会人と呼ばれているという
己のステータス等を勘案した結果、

④ 武士の心を思い起こし、ひたすら駅まで耐え抜く。

をセレクトし、ひたすら耐え抜いた。

気絶しそうな爆臭に、怒りと憎悪を覚えながらも、
ひたすら必死に耐え抜いた。

気絶しちゃいそうだよ、ママン。

駅に到着し、バスを降りた時、
私は「こんなに吸っちゃっていいのかい。」ってなくらい、
大深呼吸をした。

「田舎って、空気が美味ェ…。」

誰が田舎にすんでるんだ、バッキャロウ。(?)

「時を遡りたい」という気持ちは、
いつなんどきやってくるかわからない。

皆さん、どうか常に「後悔をしない」選択をして生きましょう。

今日の出来事は、「単なる結果論」とも言うかもしれないけども。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。
スポンサーサイト



いいネタ遭遇したやん。
おるおる、口臭男。
そういうヤツに限って、口呼吸してたり、あくびしたりするやろぉ。
カメムシのほうが耐えれるわぁ。
【2006/06/26 22:39】 URL | akkobyon #-[ 編集]
読んでて息苦しくなりました。ふうっ。そうゆー場合は何処かで停車した際に降りるふりして席を移動するのがベストかと・・・シンタロウさんバイトで鍛えられたせいか我慢しすぎ!!
【2006/06/27 01:00】 URL | りり #-[ 編集]
>akkobyon
ええネタもらったわ。あんなに激しい殺意を覚えたのは久しぶり!

>りりさん
数人降りたとき、ところどころ微妙に空いてましたが、
席を立ってわざわざ他の人の隣りにすわると、
恐らく彼は凹んでたでしょうから、
我慢しておきました。
但し、私は露骨に鼻をつまんでました。
【2006/06/27 08:32】 URL | シンタロウ #-[ 編集]
あるある~~~!!!
私は飛行機での人に会いました。。。
あの時は辛かった。。。(ノД`)シクシク 
しかも、海外に行く時!!!
あ~~~思い出したくない。。。
【2006/06/27 11:50】 URL | ゆっぴぃー #-[ 編集]
そういえば、前の事務所の隣のオッサン、口臭かったな~~(^^;)
しかし、前の事務所とは何かと縁があるね~。
彼女の入所は断固、阻止ですっ!
【2006/06/27 21:19】 URL | いわ #-[ 編集]
>ゆっぴぃー
海外行きの飛行機でそりゃあんまりだね…(涙)
飛行機でアメリカに向かうとき、
一人だった人数調整のため、
ビジネスクラスに座れたんだけど、
となりのオッサンがイビキを書いて最悪だった。
「エコノミーにおろしてくれ、おれを!!!」
なんて、ゴージャスなことほざいてた。w

>いわ兄
奴は、すごそうですな。
彼女は絶対阻止せねばなりません。
じっちゃんの名に懸けて。(?)
【2006/06/27 22:31】 URL | シンタロウ #-[ 編集]
自分の住んでる所(田舎です。バスもガラガラ空いてます)の感覚で空いた席に移動したら・・・なんて書いてしまいましたが、そちらは違うのですね・・・。読みが浅かったです。笑
【2006/06/27 23:38】 URL | りり #-[ 編集]
自分の住んでる所(田舎です。バスもガラガラ空いてます)の感覚で空いた席に移動したら・・・なんて書いてしまいましたが、そちらは違うのですね・・・。読みが浅かったです。笑
【2006/06/27 23:39】 URL | りり #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 シンタロウのタワゴト, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。