上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうも、夏休み3連休+土日休みという
予定を月末に入れたはいいが、
A4で30ページという特許明細書をその休みまでに
2件翻訳せねばならず、ココが頑張り時と張り切ってます。

シンタロウです、こんばんは。

今朝、俺ってホント鬼だなと、
つくづく感じてしまいました。

いつもと同じ時刻のバスに乗り、新聞読みながら
だら~りだらりとバスの最後部でくつろいでたんです。

最後尾は他の席よりも高い位置にあり、
エアコンがダイレクトで当たり、かなり涼しい。

しかも、自分でエアコンの向きをいじれるから、
もう、この猛暑には絶好のポジショニングなわけです。

そんなこんなで、快適な通勤タイムを過ごしていました。

とあるバス停留所でバスは停まり、数人の乗客が乗ってきました。

その停留所で待っていた全員を乗せた後、
バスはゆっくりと走り出した。

…と、その時でした。

バスの長手方向から左90度あたりから、
こちらに向かって走ってくる40代かと思われる
おばちゃんの姿が見えた。

恐らく、最後尾に座っていた私のみに見えていたおばちゃんの姿。

このバスに乗るために一生懸命走っていた。

おばちゃんは、バスの運転手の気を引くべく、手を振っている。

しかし、バスの運転手からは絶対に見えない角度。

しかも、私からしか見えない角度。

最後尾に一人ポツンと座っていた私は、
おばちゃんと目があったように思えた。

おばちゃんは、「バスを止めてくれ。」と言わんばかりに
こちらに向かって手を振りながら走っていた。

ほんとに、数秒の出来事だった。

どうする… 俺…。

「運転手さん!停めてください!あと一人走ってきてます!」

本来なら、こう言っておばちゃんを乗せるべく動くべきなんだろうが、
この俺ときたら、

何も見なかったかのように、うつむいて座った。

バスは普通に走り出し、
悲しくも一生懸命走っていたおばちゃんは、力尽きて立ち止まった。

すまん、おばちゃん…。

バスってのは、定刻どおり発車して、
他の客を定刻どおりに乗せてこそ、バスなんだ…。

一人の人間より、多数の利益を考慮するのがバスなんだ…。

走り出したバスの後部を振り返ると、
おばちゃんはポツンとバス停に立ちすくんでいた。

「すまん、うちじゃ飼ってやれないんだ…。」

可哀想に思って拾ってきた子犬を、
家庭の事情から遠くに捨ててきたような気持ちになった。

すまん… 俺が立ち上がって主張すればこんなことには…。

「己は鬼か?」

バスに乗っている時、己を責めまくったが、
会社についたときにはコロリと忘れていた。

でも、自分も過去においてけぼりにされた記憶が、
せめてもの救いだった。

定刻通りに立ってない奴が悪い。

…こう、簡単に割り切れたらいいのに。


↑ブログランキングに、ご協力お願いします。

ただ今のランク、こんな感じです。
スポンサーサイト



時間に遅れた人が悪いっしょ☆
【2006/08/08 11:04】 URL | #-[ 編集]
おばちゃんには悪いが
楽しく読ませて頂きました。

バズだけはホンマにね~。
バスが遅れた時はなにも謝罪しないくせに
乗り手が遅刻したら待ってくれないでやんの。
ちぇ。。。
【2006/08/08 12:17】 URL | kami #-[ 編集]
「バズ」って入力しちゃいました。失礼。
【2006/08/08 12:19】 URL | kami #-[ 編集]
>?
そうそう!

>kamiタロウ
ライトイヤーかと思ったよ。w
客となり得る一般の車に平気でクラクション鳴らすからね。
恐ろしい奴らよ。
【2006/08/08 22:59】 URL | シンタロウ #-[ 編集]
鬼!
【2006/08/10 12:08】 URL | akkobyon #-[ 編集]
>akkobyon
ち、畜生もつけて!
【2006/08/10 19:00】 URL | シンタロウ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 シンタロウのタワゴト, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。