上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、朝7時に目が覚め、朝ごはんを食べ、
そこから昼12:00まで寝てました。

「俺、昆虫かよ。」ってしみじみ思いました。

シンタロウです、こんばんは。

今日は父方の祖父(アキラ)の弟(マサシ)の娘(ミサト)の結婚式があるとかで、
うちのおもしろオヤジこと、カツノリは私が起きるより早く家を出て、
東京に向かってしまわれました。

この、「亡くなった爺さんの弟の娘」であるミサトは、
一応、家系図からいうとうちの親父の従姉妹にあたるわけですが、
なぜか私と同じ歳。

アキラとマサシの歳はそんなに離れていないのに、
その娘のミサトが私と同い年ということは、マサシは相当がんばったに違いない。

しかし、父・カツノリはなんでそんなに早朝から家をでなきゃならんのか?

ここ最近東京へ行く機会の多い私にとっては摩訶不思議で仕方ないです。

そんなことより、大変です。

明日、結婚式から帰ってくる時、カツノリはある男を家に連れてきます。

コーイチおじさん。

彼は、うちの父を凌ぐ熱い数々のネタを持っています。

父・カツノリの兄であり、九州は宮崎の山奥で森を管理する公務員、コーイチ。

誰よりも山と森と牛と焼酎を愛する男、コーイチ。

山で捕まえた野豚を仲間と一緒にさばいていた時に、
豚の足と間違えて自分の手の甲を切ってしまった男、コーイチ。

手の甲を切ってしまい、医者から安静にしてろと言われたにも関わらず
いつものペースで焼酎を飲み、手から血が噴出した男、コーイチ。

「おい、シンタロウ、パソコンが動かんから直してくれ。」というので
パソコンを見てみると、キーボードがつながれていない。
「おじさん、キーボードは?」と聞くと、
「ん?字が苦手やから捨てた。」と自信満々に言い放った男、コーイチ。

親戚一同が集まった時、亭主関白なところを見せようと、
「おい、カズヨ、酒もってこい!あと、飯はまだか!」
と怒鳴ってみたが、
「動かん人はだまっちょきねッ!!!!」
と、逆に叱られてしまった男、コーイチ。

従兄弟の結婚式披露宴の後、
二次会会場に自前の焼酎とつまみを持ち込み、
店のメニューに一切手をつけなかった男、コーイチ。

川を泳ぐ魚を素手で捕まえてしまう動物的な男、コーイチ。

ハゲちらかし、コーイチ。

まだまだ、言い出したらキリがないほどコーイチおじさんは何かを提供してくれます。

明日が楽しみです。


↑品プリ万歳クリックして。

ただ今のランク、こんな感じです。
スポンサーサイト



すごいよ!コーイチおじたま!!
まいっちょも明日のブログを見るのが楽しみで仕方ないぢゃないか(>_<)
シンタロウ父をしのぐなんて!自分で自分の手の甲切るなんて!!

・・・ある種天才。
【2006/10/15 00:32】 URL | まいっちょ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 シンタロウのタワゴト, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。