上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ディズニー・ランドにいるミッキーの中身は何者?」

通勤電車で、ずーーっとその事ばっかり考えてました。

他に悩みは無いのかい?

あっても言わないシンタロウです、こんばんは。

今日も夕方18:20~20:50の間、特許翻訳スクールで勉強してました。

このスクールも4回目になりますが、毎回、講師は変わります。

恐らく、ローテーションを組んでやっておられるのでしょう。

いろんな翻訳者の方々の意見やノウハウが聞けて、めちゃくちゃ参考になってます。

本日の講師は、70歳を越えようかというヨボヨボのお爺さん(以下、「爺」)。

でも、特許翻訳にかけてはピカ一の腕前で、結構すごい人らしい。

しかも、弁理士資格まで持っていて、なんせ頭がいいらしい。

いつもの通り、授業は18:20にスタート。

爺はとにかく、自分の話したい内容を時間内に全て話したいらしく、
質問を受け付けることなく、猛ラッシュで講義を進めた。

そんな中、弁理士資格を持つN氏が、ちょっと質問をした。

N氏 「えっと、○○って部分は、△△なんですかね?」(内容忘れた)

爺  「それで、こうこうこうなっておるわけでですな…」


N氏質問、完全無視。


すごいよ、爺…全く動じないよ…。

金払って受講している生徒の質問を完全シャットアウトだよ。

質問したのに無視されたN氏は、ちょっと不満そうだった。

講義は何も無かったかのようにすすんだが、
またしても、N氏は質問をくりだした。

N氏 「えっと、ここの部分は、■■なんですかね?」

爺  「あぁ、あ、ここはあんまり重要でないんで、軽く流してくださいや。」


爺、ちょっとは答えてやれよ。


爺の授業は、かなりタメになってるし満足ではあるし、
N氏の質問のポイントが若干、「いま聞かなくてもいいだろ?」って
思うところはあるけども、ちょっとは答えてやれよ…って思った。

またしても質問に答えてもらえなかったN氏は、おずおずと引き下がる。

そして爺は、7ページ近くある英文の特許明細書の最初の部分から、
一語一句を口頭で翻訳しはじめた。

こ… これ全部口頭で訳すのかよ…

これは、ちょっと意味無いだろ…

と、思ったその瞬間、質問を2度も跳ね返されたN氏が口を開いた。

N氏 「いったい、何がやりたいんですか?」

…。

え?(怯)

爺 「ん、んぁ…?なんておっしゃいましたかの?」

教室内に緊張が走る。

N氏 「だから、何がやりたいんですかね?それ、意味ないでしょ。」

爺 「はィ?意味が無い?何がでしょう?」

ちょっと… N氏… やっと質問は聞いてもらえたかもしれんけども・・・

それはダメだろ…。

N氏 「だから、そんなこと、読んだらわかるでしょう。意味ないでしょう。」

爺  「い、意味が無い?私は、皆さんが分からないと思ってやってるんですが?」

爺、ごもっとも。

英文の意味が分からんから、
貴方の話をむしゃぶりつくように聞いているバカここにいます。

N氏 「そんなもんね、読んだら分かるんですよ。
      もっとためになること教えてくれません?」

教室内は、一気に凍りついた。

そして、1分ほどの沈黙が続いた。

N氏 「もう、いいですわ。すいません、帰りますわ。」

と言い、N氏は荷物をまとめ始めた。

そして、荷物をまとめ終えると、

N氏  「皆さん、ごめんなさい!すいませんでした!」

と、言い残し、一礼して教室を去っていった。

そして、数分間、教室内を沈黙が包み込んだ。

く…


空気、重ッ!


爺 「あららら…。帰っちゃいましたね…。」

皆、言葉が出ない。

というより、爺にかける言葉が見当たらない。

爺 「私、何か意味ないことしてましたかね…?
   皆さん、必要ないですか、この話?この話なくても理解できますか?」


全員 「いえ、先生、続けてください。」


このスクールが始まってから、
未だ皆は互いに打ち解け合っていないし、会話もあまりない。

でも、何故かこの時は皆が同じ気持ちになり、意見が初めて一致した。

爺 「そうですか、それでは、皆、この話が必要と理解し、先に進みます。」

そして、授業は続いた。


N氏は、「こんな授業、意味が無い。」といい、教室を抜けた。

爺は、「自分の授業に意味が無いのか?」と、皆に問うた。

受講生(約7名)は、初めて気持ちが一つになり、「先生、続けてください。」と言った。


なんだろう、上手く言葉では言い表せない。

でも、この事件が起こってから、一つ思ったことがある。


「なんか、『3年B組 金八先生』みたいだ。」(馬鹿かおまえ)


贈るゥ~言葉ぁ~♪


笑い事じゃないよね、うん。


ちなみに、爺はペースを上げて喋りすぎたのか、

授業終了予定時刻の20分前に終了してしまった。


こら、爺。

N氏の質問に答える時間、有り余ってたじゃねえか。



↑押してくれると、重い空気もふっとびます。

ただ今のランク、こんな感じです。
スポンサーサイト



 勉強するのはいいですね。爺先生もN氏も他の生徒さんも。  爺先生は少し考えたかな。 
【2006/10/27 16:23】 URL | yu #-[ 編集]
>yuさん
爺先生の授業は、イイんですけど、
30万払ってまで口頭で逐語訳されてもしょうがないんですよね。
しかも、20分短いし。w
【2006/10/28 13:07】 URL | シンタロウ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ翻訳・通訳の資格について情報交換しませんか? 翻訳・通訳のすべて【2006/11/08 18:32】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 シンタロウのタワゴト, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。