上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜか一輪車に乗れてしまう男、シンタロウです。

こんばんは。


前回のお話: 東京上陸レポ。(其の一)


披露宴会場のあったベルクラッシック東京は、私が出た改札の反対側。

「ホテルに来た道とは別のルートでいってみようかな?」

なんて、微妙な冒険心を胸に、会場に向かった。

やはり大塚はどっちの改札から出ても、全体的に寂しい感じがした。

これまで見た東京とは別の側面を見たような気がする。


とぼとぼと歩き続けていると、ベルクラッシック東京に到着した。

そして、中に入った。

すると、外の世界とは全く違った煌びやかな世界がそこに広がっていた。

「すごい、さすが結婚式場。」

ロビーでは、式と披露宴を終えた新夫婦が皆に祝福されていた。

一番幸せな時を過ごす新夫婦、そして、幸せな2人を見て
祝福の言葉をかける周りの人々。

披露宴前に、こっちまで幸せな気分になるじゃねぇか、コンチキショウ。


ご祝儀を納めた後、なにやらドリンク・チケットをくれたので、
地下のバーみたいなところへ行き、オレンジ・ジュースをいただく。

披露宴前に飲んじゃまずいだろ・・・って言いたいところだが、
若干風邪気味でお酒を飲むとひどくなりそうだったのでオレンジ・ジュースに。

周りは恐らく新郎・新婦の親戚や友人だったのかもしれないが、
なんせ独りで乗り込んで友人も知り合いも居ないので、
ひっそり片隅のソファでオレンジ・ジュースをたしなんでみる。

「寂しくなんかないもん。」

そう自分に言い聞かせながらチビチビ飲んでいた。

記念に写真をとりまくる人々、そして、親戚かと思われる人々。

皆、2人を祝福しにやってきたのだ。

寂しくオレンジ・ジュースを飲む私を含め、
皆、楽しそうで幸せそうな一時を味わっているように思えた。


なんやかんやで、流れに任せて披露宴の会場へ。

知り合いは新郎のゼミの教授くらいしかいないので、
最初に席に着いたときにはどうしていいか分からないながらも、
円卓の席に着いた。

座席表を見たところ、右側に座っている3人は友人で、
教授の席を一つ空けて左側5人は会社の同僚のようだ。

でも、いきなり話しかけるのも気持ち悪いし、
かといって、唯一の知り合いである教授は開宴になろうというのに未だ来ない。

とりあえず、鼻をかみながらうつむいたり、上を見たり、会場を見回したり。


開宴5分前くらいに、ゼミの教授はやってきた。

教授 「おゥ、シンタロウ。元気しとったか。」

シ  「はい、先生。めちゃくちゃ待ってました、貴方を。」

この教授は、今では関西学院大学総合政策学部の学部長。

どえらくお偉いさんになられてしまった。

この日に式に参加できたのは、
前の日に慶応義塾大学の総合政策学部の学部長と会っていた為だ。

やっぱり、慶応義塾大学の総合政策学部とは何らかのつながりがあったのか・・・
と、結婚式には似つかわしくない感動を覚えた。


披露宴が始まり、なんとなく寂しげな位置にいる私は右側に居た人に話しかけてみた。

シ 「関西学院の時の友達ですか?」

友 「いえいえ、高校の時の友達っす。」

これをきっかけに、関西人同志でなんとなく打ち解けることができた。

左の5人とは一言も言葉を交わさなかったが、
関西人同志でそこそこ打ち解けることができ、ちょっとホッとした。


久々に会った教授とは、色んな話をした。

他のゼミ生の近況とか、自分の今の仕事のこと、プライベートなこと等等。

ゼミの教授の立場として、そして、人生の先輩としてのアドバイスなど。

教授の話から得るものは、今も昔も変わらず大きい。

教授 「シンタロウ、はよ家でろや。」

    「独立して、自分で翻訳の会社でも作れ。今は1円でも会社はできるぞ。」

    「はよ結婚せぇ。結婚はタイミングや。」

とにかく、教授の一言一言が私を突き動かした。


披露宴は滞りなく、スムーズに進んだ。

幸せそうな2人、そして、それを祝福に来た我々。

皆が一体となって、2人の門出を祝っていた。


今回の披露宴に参加して、色んなものを得た気がする。

今の自分の現状を見つめなおすキッカケをいただいたというか、
そして前に進むためのヒントを得たというか、

風邪っぽくて披露宴前にはオレンジ・ジュース飲んでたのに


披露宴が始まってから瓶ビール3本飲んだというか。


とにかく、色んな事を考えさせられた一日でした。




ん、ちょっと真面目すぎたかしら。

たまにはいいじゃない。


↑クリックおねがい。

ただ今のランク、こんな感じです。
スポンサーサイト



ベルクラシックって、『ベルクラシック見に行かない?』のCMやってたとこ?(古い?)

友達の披露宴に一人で乗り込む度胸はすごい。
偉いねシンタロウ。いや。ホンマ偉い!
【2006/11/22 00:37】 URL | まいっちょ #-[ 編集]
>まいっちょ
え、そんなCMがあったのかい?(無知)
マジで独りで乗り込んだよ。
最初は寂しげだったけど、関西人仲間を見るとホッとした。w
【2006/11/22 00:44】 URL | シンタロウ #-[ 編集]
巣鴨に大学時代の友が結婚して住んでいるため
昔大塚に行ったことあります。でも全然覚えていません。

結婚式は私はいつも退屈と思ってしまいます。
自分の時も少し思ってしまいました。はるか昔の話ですが。
【2006/11/22 20:03】 URL | yu #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 シンタロウのタワゴト, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。