上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやぁ、もう大晦日ですね。

今夜はどのチャンネルを見ようかずーっと悩んでますが、
結局酒飲んで寝てしまう可能性が一番高いように思えてなりません。

シンタロウです、こんばんは。


昨日は両親&弟と京都の瑠璃渓温泉に一泊旅行してきました。

日頃の感謝の意を込め、旅行代金は全て私がお支払い。

27歳にもなって実家で暮らさせていただいてるので、
これくらいしないと、ちょっと家に居づらいもんで。

弟は… ま、オマケということで。

瑠璃渓温泉は、日帰りでは何度か行ったことあるんですが、泊まりは初めて。

家から車で一時間くらいのところにある温泉ですが、
マッサージチェアだの、リラックス・ルームだの、設備は充実。

窓の外は、ちょっとした雪景色。

雪だるまを作る親子がきゃっきゃきゃっきゃとはしゃいでる。

一年間の疲れを癒すには、なかなか良いところだと思います。

宿につくやいなや、弟は


kenta



こんな感じで寝たおしておられました。

せっかく温泉なんだから、まず風呂だろ!…と思いましたが、
まぁ、この一年はよっぽどしんどかったのでしょう。

2時間くらいでたたき起こして無理やり風呂に連れて行きました。


夜は、部屋まで運んでくれるコース料理でした。

丹波牛のしゃぶしゃぶはもう、絶品でございました。

これでもか!っちゅーくらい、食い倒してやりました。

満腹中枢崩壊でした。


そして今朝、どいつもこいつも早起きな我が家は、7:30から朝食へ。

宿の大広間へ行き、朝食を食べる。

朝食の時間はそれぞれ指定することができるので、
宿泊客によって、朝食を食べる時間は様々。

朝食をちょこちょこ食べていると、
7:30に朝食を予約していたもう一組(2名の老夫婦)がとなりの席に座った。

座敷なので、ほんとにすぐ横に座った。

若干、会釈をして、我々は朝食を楽しんだ。

この時間に朝食を採るのは我が家とそのもう一組だけ。

大晦日の朝どき、静かで平和な時間が流れていた。

会話はそこそこに、非常に静かな時間。

私は、すごく美味い魚を食べながら、「これは何の魚だろう?」と、
じーっと見つめながら考えていた。

… と、そのときだった。



ぷーーー…



!?


一瞬、何が起こったのかわからず、驚いた。

「ぷーー…」 というちょっと高めの音。

これって…


オナラですよね。


驚いて、見つめていた魚から顔を上げると、

弟が笑いを押し殺した顔をしていた。

そして、父と母は驚きと笑いが入り混じった顔をしていた。


弟よ… まさかお前…

他の客が真横に座っている中…

この大晦日の朝の静けさの中…


オナラしたのか!?


私は状況を察し、笑いをこらえながら弟に小さな声で聞いてみた。


シ 「お前か?」

弟 「(満面の笑みで) ど… どうしよう。」


大声で笑ってはいけない状況の中、私と両親は声を押し殺して爆笑した。

「ど… どうしよう」ってお前…


オナラしてから言うなよ。


爆笑してはいけない状況の中、私は声を押し殺して爆笑した。


シ 「くく… お前… くくくく…!! 反則や…!」

弟 「こんなネタすきやろ。(笑)」

シ 「いや、あかんてお前… あかんてお前… (爆笑)」

弟 「ブログで使えや(爆笑)」

父と母は、笑いを押し殺し、辛そうだった。

母 「あんた、最低や。(笑)」

父 「ほんまや、最低や。(笑)せめて音消さんかい。」


問題は、となりの客に弟の放屁音が聞こえていたかどうかだ。

ちらっと隣の客を見てみたが、何食わぬ顔で朝食をとっていた。


聞かれていたかいなかったか分からない状況。

弟に大声で深くつっこみたいところを抑えなければならないこの状況。


それがますます私のツボに入ってしまった。

どんどんツボにはまり、私は涙を流しながら声を押し殺して笑ってしまった。


隣にいた客は、朝食を食べ終わり、いそいそと帰った。


そして、私は大声で爆笑した。


弟 「聞こえてたかな?(笑)」

シ 「あかんでお前、それで笑いとったら。反則や!(笑)」

母 「あんた、絶対次は連れてこーへんからな。」

弟 「音抑えてオナラしようと思ったら音出てもうたんやからしゃーないやろ。」

父 「抑えてもこいたらあかんやろ、お前。(笑)
   
   いつもの、『ぶりぶりぶりーッ!ぶりッ!』っちゅーやつやったら逃げてたで。」


父のこの言葉に、また爆笑してしまった。

今度は大声で。

なんとか笑いを抑え、朝食を続けた。


母 「この朝食はいいな。ヘルシーやな。」

弟 「ん?ルシー?」


母は、すすっていた味噌汁を噴き出した。


全員、爆笑。


なんちゅー家族や。(笑)

でも、この笑いの絶えない家族に生まれてきて良かった。

来年もよろしくお願いします。



そして、このブログを見てくださっている皆様、来年はちゃんと書きます。

よろしくお願いします。



↑屁ぇ~ボタン。

ただ今のランク、こんな感じです。
スポンサーサイト



いい家族だね。(^_^;)

まいっちょは『笑ってはいけない警察』見て笑い転げていたけども、実際にやってた人がこんな身近にいたなんて☆

来年もこの調子で頑張ってネ!
【2007/01/01 13:54】 URL | まいっちょ #-[ 編集]
>まいっちょ
やっぱり、笑ってはいけない温泉宿が一番だったかな。w
あ、ちゃんと今度返します。長く借りてすんまそん。
【2007/01/01 19:36】 URL | シンタロウ #-[ 編集]
あ。あれあげるあげる!
焼いたらなんぼでも複製できるんやし。

何なら『人志松本のすべらない話2』もあるけどいる?
いとこから借りたヤツを焼いたんやけど。

その代わりといっちゃあ何ですが、私にPCでファミコンできるCD-Rを恵んでください(>_<)
【2007/01/03 00:41】 URL | まいっちょ #-[ 編集]
>まいっちょ
え、くれるの!?ありがとござます!
ファミコンのやつは、C-ドライブがクラッシュしちゃって消えたので、
またいただいてきます!
【2007/01/04 19:54】 URL | シンタロウ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 シンタロウのタワゴト, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。