上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は一日、しょうもない正月番組を見て過ごしました。

起き上がる気力が無いというか、なんというか。

でも、何もしないわけにはいかないので、部屋の掃除をちょこっとしてみました。


会社に持っていく鞄の中身を整理していると、ある一枚のクリスマス・カードが出てきました。

先日参加したインド特許法セミナーで名刺交換をしたインドの弁護士からのもの。

たった一度セミナーに参加して名刺交換しただけなのに、
律儀にクリスマス・カードを送ってきてくれるなんて嬉しいじゃありませんか。

クリスマスカードには、キラキラする粉をあしらった挿絵がありました。

でもね…


indianart01



やっぱり意味が分からないんです。


以前紹介したインディアン・アートもそうですが、やっぱり意味が分からない。

クリスマス…?

クリスマスにしちゃ、ヒンドゥー丸出しなわけだし…。

この象が開いている本のヒンドゥー語を解読すれば何かわかるかもしれないが、
そこまでしなくてもいい気がするし。

逆に、この絵を眺めれば眺めるほど、私の手がキラキラする粉まみれになる。


誰か、インドのアートに詳しい方いないでしょうか?

私には謎過ぎて理解不能です。



↑1クリックおねがいします。

ただ今のランク、こんな感じです。

スポンサーサイト



ぞ、ですって!?シンタロウさん・・・

恐れ多くもシヴァ神のご子息で
インドではえべっさんのようにマルチに
縁起の良い神様としてあがめられているのです!

大英帝国の習慣を地元のアートで表現する弁護士さん、
素敵じゃないですか♪きっと良いことがありますよv-20
【2007/01/06 02:23】 URL | 有価証券のお姉さん #-[ 編集]
価証券のお姉さん
え…そんなスゴイやつだったんですか、あのクリーチャー。
というか、お姉さん詳しッ!!驚
【2007/01/06 07:47】 URL | シンタロウ #-[ 編集]
ガネーシャのクリスマスカードじゃないですか!!
ほんと、縁起物なんで、間違っても捨てないように(^^)
【2007/01/15 23:33】 URL | ポール #-[ 編集]
>ポール
え… この象さんの絵ってそんなに有名なのか・・・?
大事にしよ… あれ、どこいったかわかんね。笑
【2007/01/16 21:13】 URL | シンタロウ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


''gaNeza'') は、ヒンドゥー教の神の一柱。その名はサンスクリットで「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」を意味する。同じ意味でガナパティ (गणपत 神話の世界【2007/10/04 16:09】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 シンタロウのタワゴト, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。